pauperの赤単スライ(Deadguy Red)について

こんにちは。

f:id:kousuketakagimail241:20170308073003j:plain

炎樹族の使者によって、緑単ストンピィは強化されたのは皆さんのご存知の通り。

しかし、別のデッキタイプを生み出すほど炎樹族の使者は強かったみたいです。

本日は公式でも紹介されていた赤単スライを少し回してみたので紹介します。

赤単スライ

creatures:31
4 《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》
4 《ゴブリンの群勢/Goblin Cohort》
4 《ジャッカルの使い魔/Jackal Familiar》
4 《モグの徴集兵部隊/Mogg Conscripts》
4 《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary》
4 《泥騒ぎの群勢/Mudbrawler Cohort》
4 《谷を駆ける者/Valley Dasher》
3 《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》

spells:11
1 《稲妻の連鎖/Chain Lightning》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《変異原性の成長/Mutagenic Growth》
3 《マグマの噴流/Magma Jet》
1 《火炎破/Fireblast》

lands:18
18 《山/Mountain》

sideboard:15
1 《ゴリラのシャーマン/Gorilla Shaman》
3 《電謀/Electrickery》
2 《炎の斬りつけ/Flame Slash》
4 《紅蓮破/Pyroblast》
3 《鋭い痛み/Flaring Pain》

どんなデッキ?

デッキの大半は低コストのクリーチャーたちです。

低マナコストのクリーチャーを続々と並べて殴っていきます。

速攻を持っているクリーチャーも多く、ライフを削る速度は環境随一。

終盤はクリーチャーが除去されても、赤定番の火力で相手を焼いてしまいます。

ブロッカーを排除してもいいですね。

公式でも紹介されているように古典的なマジックが出来ます。

炎樹族の使者を活用するため2マナ域多め

2マナのクリーチャー《泥騒ぎの群勢/Mudbrawler Cohort》《谷を駆ける者/Valley Dasher》が8枚採用されており、さらに《マグマの噴流/Magma Jet》も入れております。

最初は《マグマの噴流/Magma Jet》を入れていない構成で回していたのですが、炎樹族の使者の2マナが使えないケースが多発したので入れました。

さいごに

動きとしては簡単なデッキなので初心者の方にもおすすめです。

簡単に勝ててしまうので、ワンマッチもサクッと終ります。

安く組むこともできるのでぜひ一度組んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする