TCGの最大の整理方法は『捨てる』こと

こんにちは。

本日はTCG(トレーディングカードゲーム)の整理整頓について。

最近、カードがぐんぐんと増えていて部屋を圧迫しております。

カードって重たいし、引っ越しの時もたくさんあると大変なんですよね。

上手く整理できないかと常々考えています。

最大の整理方法は『捨てる』こと

これに尽きます。

増え続けるエキスパンション、剥くのが楽しいパック。

手持ちのカードは増えていくように出来ているんです。

カードが増えているということはゲームを楽しんでいるということ。

カードの枚数が増えていくのであれば、捨てることで

持っている数を減らすのが一番有効な整理方法です。

スペースを占有している=保管する金額が発生している

実家暮らしや、持ち家の人もいるかと思いますが、

モノがスペースをとっている状態はその場所分の家賃(保管料)が発生していると言えます。

モノを持つということは常に継続的なコストが発生しているということです。

保管する=保管していく手間が発生する

コチラの方がマイナス要素としては大きいかもしれませんね。

保管するにもしっかりと並び変えないといけないし、探す手間なんかもあります。

欲しいカードを探す際に、ほとんど使うことのないカードたくさんあることで時間を取られる。

捨てずにカードが増えることで、知らずのうちに時間を失うことになっていませんか?

捨てるのは新しいカードを迎えるため

新しいカードを手に入れても、保管場所が限られていると存分に集めることが出来ません。

TCGはコレクションすることも魅力です。

その魅力にどっぷりハマる為には、カードを捨てて保管できるスペースを持っていないといけません。

どんな基準で捨てる?

難しい問題です。

それぞれの基準があってもいいと思います。

MTGですと、スタン落ちと共にどれくらい捨てるのかというのが基準になりそうです。

僕の場合ですと、、、

神話、レアは残す

すいません。これらはどんなカスレアでも捨てません。

レアはレアであるというだけで価値があると思います。

たくさん貯めれば、レアセットのような形でメルカリ等で販売できると思います。

さすがに、アンコモンセットって売れないとは思いますが、レアセットなら何とかなる。

【アンコモン】スタン落ちと共に容赦なく捨てる

アンコモンは希少価値もほぼないため、構築フォーマットで使われないものは容赦なく捨てます。

だいたいのカードはスタン落ちまでの期間で各フォーマットで使われるか否かがほぼ判明します。

すぐ捨てるのではなく、スタン落ちまでしっかりと猶予をとってから捨てるという方法を僕はやっています。

【コモン】スタン落ちと共にpauperで使わないカードは捨てる

コモンを使うpauperでも使わない弱いコモンカードは容赦なく捨てます。

持っていても仕方がありません。

もし、何かの見逃しで捨ててしまっても、また買えばいいと思います。

一見もったいないように思いますが、保管するコストを考えると安いものです。

 【救済案】気になるカードはFOILで集める

僕はイラストが気になるカードや、効果が気になって残しておきたいカードはFOILで集めてコレクションにしています。

pauper用のカードも全てFOILで集めて、あとは捨てるのもありかもしれません。

コレクションとして持つならば仕方がないと諦めて保管していきます。

その際

コレクションの喜び>保管のコスト

になっているのか考えましょう。

もちろん捨てて枚数を減らすだけがいいことではないので、そこは反ミニマムに集めていって楽しみましょう。

売るのもアリ!

部屋からなくなってしまえばいいので、使わないけれども売れるカードはジャンジャン売っていきましょう。

ショップに投げるのもいいですし、いい値段で売るならメルカリは手軽でおすすめです。

いちいちショップに行かなくてもいいので僕も重宝しています。

メルカリについてはコチラの記事を

MTGカードを高く売る方法(ショップの買取を使う前に)

捨てる為には遊びまくろう

カードを捨てるためには、そのカードがほぼ使われないのか、たまに使われるのか見極める必要があります。

その選定眼を養うためにも、しっかりといろんなフォーマットで遊ばないといけないと思います。

モダンやレガシーだと使われるアンコモンやコモンは種類も少なく目立ちやすいですが、

pauperやEDH、フロンティアなどで使われるカードを知ることは遊ばないと分かりません。

特にpauperはコモンしか使わないという性質上、深い知識が必要だと思います。

pauperメタゲーム紹介【2017年12月更新】

もしよかったら遊んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする