pauperの青白果敢デッキについて

こんにちは。

アイコニックマスターズで新たに使えるコモンが増えました。

【アイコニックマスターズ】コモン落ちカード全解説」

暴走の先導だけでなく、

pauperの緑単エルフについて【暴走の先導を楽しく使う】

新たな果敢クリーチャーを使えるようになりました。

本日はこれらの果敢を持つクリーチャーをフィーチャーしたデッキです。

青白果敢

creatures:15
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《神出鬼没の呪拳士/Elusive Spellfist》
4 《道の探求者/Seeker of the Way》
3 《ジェスの盗人/Jhessian Thief》

spells:27
2 《無傷の発現/Emerge Unscathed》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《選択/Opt》
4 《定業/Preordain》
4 《シャドーの裂け目/Shadow Rift》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《対抗呪文/Counterspell》
2 《目くらまし/Daze》
2 《噴出/Gush》

lands:18
3 《灰のやせ地/Ash Barrens》
9 《島/Island》
1 《曲がりくねる川/Meandering River》
1 《平地/Plains》
4 《平穏な入り江/Tranquil Cove》

sideboard:15
2 《軍旗の旗手/Standard Bearer》
2 《嵐縛りの霊/Stormbound Geist》
3 《払拭/Dispel》
2 《水流破/Hydroblast》
2 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2 《鎖の呪い/Curse of Chains》
2 《Holy Light》

どんなデッキ?

【果敢】を持つクリーチャーは、クリーチャーでない呪文を唱える度に、1つサイズが大きくなります。

そこで、【定業】等のドロー呪文を使って呪文を繋げて果敢クリーチャーを大きくして殴ります。

ドロー呪文でサイズの上がったクリーチャーたちは、すぐに相手ライフを追い詰めていきます。

ブロックされないクリーチャーや、

こいつは果敢は持たないけれども、クリーチャーでない呪文を唱えればアンブロックになってサイズがどんどんあがります。

ほぼクリーチャーをアンブロにするドローカード等もあるので

相手の防御クリーチャーをすり抜けて、ライフを削りきります。

対抗呪文等のカウンターも採用して相手を妨害し、相手より早く殴りきるクロックパーミッションデッキと言えるでしょうか。

【道の探求者】でダメージレースを制す

ライフリンクで回復しつつ、クロックも大きく殴れるのでダメージレースをすぐに有利にしてしまう存在です。

クリーチャーのほとんどが2マナで初動が遅いデッキですが、このカードがいるおかげで防御に回らずダメージレースをすることが出来ます。

バーン相手でも生き残ると勝ちなので、環境にあったカードだと感じました。強い。

【選択】がいい仕事をする!!

イクサランがリリースされる前でもpauperだと使用可能でしたが、1マナドローの猛者ぞろいのpauperではなかなか使用機会に恵まれませんでした。

インスタントタイミングで打って、

相手の火力から果敢クリーチャーをサイズアップして守ったり、

1マナ立たせているだけで相手も迂闊に戦闘で果敢クリーチャーをブロックできません。

pauperで【選択】を使う珍しいデッキです。

新しいカードとシナジー満載の楽しいデッキです

新規参入カードをたくさん使いたい方、pauperで青単ではないクロックパーミッションをやってみたい方にはお勧めです。

シナジーもたくさんあり、回していて楽しいデッキです。

ドローカードでライフ計算を狂わせたり、インスタントドローで相手の火力を避けたり、戦闘を有利に進めたり、

色んなトリッキーな戦略が組み立てられる奥の深いデッキです。

ぜひ、組んで遊んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする