pauperローグデッキ紹介【トロンエッグ】(『Drafna’s Restoration』を一番上手く使う方法)

pauperのローグデッキ好きのみなさま、こんにちは。

本日はずっとずっと温めていたpauperのエッグデッキ(eggs)が完成したのでご紹介致します。

ソリティアデッキ好きの方は必見です。

 トロンエッグ

creatures:4
4 《エーテリウムの彫刻家/Etherium Sculptor》

spells:40
4 《上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb》
4 《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4 《彩色の星/Chromatic Star》
4 《妖術師のガラクタ/Conjurer’s Bauble》
4 《Drafna’s Restoration》
4 《探検の地図/Expedition Map》
4 《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》
4 《陽光の呪文爆弾/Sunbeam Spellbomb》
4 《他所のフラスコ/Elsewhere Flask》
4 《ゴーレムの鋳造所/Golem Foundry》

lands:16
4 《サプラーツォの岩礁/Saprazzan Skerry》
4 《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4 《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4 《ウルザの塔/Urza’s Tower》

sideboard:15
3 《ファングレンの匪賊/Fangren Marauder》
4 《ウラモグの破壊者/Ulamog’s Crusher》
3 《溶接の壺/Welding Jar》
3 《鋸刃の矢/Serrated Arrows》
2 《渦巻く砂嵐/Swirling Sandstorm》

このカードの登場が全てを変えた

《Drafna’s Restoration》

《プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの墓地にある望む枚数のアーティファクト・カードを対象とし、それらをそのプレイヤーのライブラリーの一番上に望む順番で置く。》

アンティキティー収録のコモンカード。

アンティキティーはMOだとリリースされていていないので、コモンであっても使えないいままでpauperで使えないカードでした。

しかしここ最近、トレジャーチェストにて排出されるようになり

pauperでも使用可能になりました!!

コモンとは思えない派手な能力なのに1マナ。

pauperでわるいことが出来そうな予感。

今回のデッキはこのカードをフィーチャーしました。

どんなデッキ?

ひとことで言えば、ガチャガチャと一人でアーティファクトをたくさん使って、回して楽しむソリティアデッキです。

デッキの28枚が1枚ドロー出来るアーティファクト

各種呪文爆弾が3種12枚。ドローに使ったり相手の妨害にも使えます。

《彩色の星/Chromatic Star》《彩色の宝球/Chromatic Sphere》

《妖術師のガラクタ/Conjurer’s Bauble》

これらのカードは1マナ払って設置すれば1ドローに変えることが出来ます。

キーパーツはコイツ!

《エーテリウムの彫刻家/Etherium Sculptor》はアーティファクト呪文のコストを1つ軽減します。

ということは、

上記に出てきた《妖術師のガラクタ/Conjurer’s Bauble》《彩色の星/Chromatic Star》《彩色の宝球/Chromatic Sphere》はタダでキャスト出来て1ドロー。

これらをタダでたくさん使って

《ゴーレムの鋳造所/Golem Foundry》を出しておけばたくさんゴーレムが出ます。

たくさん出たゴーレムで勝つのがこのデッキの戦略です。

《Drafna’s Restoration》で墓地のアーティファクトをもう一回

マナコストを軽減してたくさんドロー出来るアーティファクトを使っても、

1枚につき1ドローしかできないので、いつかチェーンは途切れてしまいます。

そこで《Drafna’s Restoration》

を使えば、一度使ったアーティファクトを全てデッキの上において、続々チェーンコンボ。

例えば墓地に1ドローのアーティファクトが12枚あればマナがあれば12回連続でアーティファクトをキャストすることが可能。

ゴーレムが4体出ます。

これが1マナのカードで出来るんです。すごいことです。

マナコスト軽減できても、まだまだマナがいる。

《エーテリウムの彫刻家/Etherium Sculptor》でマナコストを軽減してもpauperでタダでドローに変換できるのは3種類12枚。

他の呪文爆弾やフラスコはどうしても1マナはかかってしまいます。

なのでチェーンコンボをしようとしてもマナが足りない。

けれどもマナを伸ばすカードを入れると墓地にドローにつながるアーティファクトが溜まりにくい。

ここで書くと長くなる試行錯誤の中たどり着いたのが、

トロン土地です!!

マナフィルターになるカードもあり、そもそも色マナをほとんど使わないので、

こんなに相性のいいカードはありません。

ドロー出来るアーティファクトがたくさん入っているので自然と揃いやすく、

《探検の地図/Expedition Map》で探すこともできるようにしております。

他にも

《サプラーツォの岩礁/Saprazzan Skerry》

がいい仕事をします。

タップインなのですが、2回まで一度に2マナ出すことが出来ます。

1ターン目にタップイン、2ターン目に3マナの《ゴーレムの鋳造所/Golem Foundry》

を出す動きが出来るのが強いです。

美しくて楽しい自信作です!!

正直、僕の構築能力ではここまで作るまでかなり時間がかかりましたが、

ブン回るとかなり楽しいデッキです。

回していてかなり楽しいデッキです。

これがコモンで作れるなんて、、、

pauperは素敵です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする