pauperの『青黒ティーチング(神秘の指導)』について 

pauper

こんにちは。

 

まだまだ続く青黒デッキです。本日は一番青黒らしいこのタイプをご紹介。

 

青黒ティーチング

creatures:4
4 《ボーラスの占い師/Augur of Bolas》

spells:34
1 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《無垢の血/Innocent Blood》
2 《定業/Preordain》
1 《撤廃/Repeal》
1 《ミューズの囁き/Whispers of the Muse》
1 《苦悶のねじれ/Agony Warp》
3 《チェイナーの布告/Chainer’s Edict》
4 《対抗呪文/Counterspell》
1 《肉貪り/Devour Flesh》
2 《破滅の刃/Doom Blade》
1 《残響する衰微/Echoing Decay》
2 《霊魂放逐/Remove Soul》
2 《熟慮/Think Twice》
1 《転覆/Capsize》
1 《強迫的な研究/Compulsive Research》
1 《墓所への乱入/Crypt Incursion》
1 《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》
2 《清純のタリスマン/Pristine Talisman》
2 《エヴィンカーの正義/Evincar’s Justice》
3 《神秘の指導/Mystical Teachings》

lands:22
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
4 《ディミーアの水路/Dimir Aqueduct》
2 《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》
4 《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
7 《島/Island》
3 《光輝の泉/Radiant Fountain》
1 《沼/Swamp》

sideboard:15
2 《ゾンビの異国者/Zombie Outlander》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2 《無効/Annul》
2 《払拭/Dispel》
2 《強迫/Duress》
2 《否認/Negate》
1 《減縮/Shrivel》
1 《完全無視/Complete Disregard》
1 《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》

 

どんなデッキ?

f:id:kousuketakagimail241:20170603221002j:plain

《神秘の指導/Mystical Teachings》で状況に合わせた最高のインスタントカードを持ってきて相手をコントロールするデッキです。

 

神秘の指導はデッキから1枚差しのカードを自由に持ってこれるという動きがめちゃくちゃ強いです。

相手に合わせてカウンターと除去を持ってくるだけでなく、フィニッシャーやライフ回復とコントロールらしく相手の動きに合わせて対応できます。

また、神秘の指導で同じく別の神秘の指導を持ってくることでフラッシュバックを絡めてアドバンテージを稼ぎます。

 

フィニッシャー不在?クリーチャーで殴らず勝つ

このデッキはクリーチャーは《ボーラスの占い師/Augur of Bolas》だけ。

占い師だけでは相手をコントロールしてもなかなか勝つことは厳しいです。

 

このデッキのフィニッシャーは《エヴィンカーの正義/Evincar’s Justice》

バイバックで繰り返し使えるので相手のクリーチャーを殲滅しつつ、相手のライフも削ることができます。

こちらは《清純のタリスマン/Pristine Talisman》で回復し続けるので相手のライフのみじわりじわりと減っていきます。

 

相手を完全にコントロールできれば、 《ミューズの囁き/Whispers of the Muse》で毎ターン2枚引いてどんどん負けない状況を作ります。

 

《転覆/Capsize》も立派なフィニッシャー。

コントロールされて抵抗できない相手の土地を全部手札に戻せば、相手は投了してくれるでしょう。

 

《血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome》も第3のフィニッシャー。

対コントロールだとこれを着地できると勝てるくらい強力なフィニッシャー。

 

『墓所への乱入』で大量ライフ回復

f:id:kousuketakagimail241:20170604180303j:plain

このカードはこのデッキが負けないようにするための最重要カード。このカードを適切なタイミングで撃つことで、負けの可能性をなくしてしまいます。

特に対バーンや早いアグロデッキに逆転の目を与えないのが本当に強いです。

 

このカードの他にもライフを回復できる土地がたくさんあるのでバーンに実はかなり有利なデッキであると言えます。

青黒なのにバーンに強いなんて反則です。

 

ロングゲームに強いコントロール

神秘の指導が使えるようになる4マナ以降からどんどんアドを稼ぎつつ、手札をどんどん整えて負けをなくしてしまいます。

カウンターを効率よく後半に集められるので、トロンや他の青黒コントロールにもカウンターの枚数で勝りロングゲームを勝利することができます。

 

実は紙でも安く組めるよ

3000円でpauperのデッキを組もう!(青黒コントロール編)

実は青で必須の1マナドローをたくさん入れる必要がないので安く組めるんです。

コントロールフリークにはたまらない構成なので、もしよかったら紙でも組んでみてください。

コメント