pauperの【ボロス統治者デッキ】について

こんにちは。

最近勝っているみたいですね。ボロス統治者。

僕も数リーグですが回してみたので紹介してみます。

creatures:15
4 《きらめく鷹/Glint Hawk》
4 《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4 《コーの空漁師/Kor Skyfisher》
3 《宮殿の歩哨/Palace Sentinels》

spells:23
1 《炎の稲妻/Firebolt》
4 《感電破/Galvanic Blast》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《錬金術師の薬瓶/Alchemist’s Vial》
3 《未達への旅/Journey to Nowhere》
4 《予言のプリズム/Prophetic Prism》
1 《農民の結集/Rally the Peasants》
2 《金切るときの声/Battle Screech》
1 《主の募兵/Cenn’s Enlistment》

lands:22
3 《古えの居住地/Ancient Den》
3 《ボロスの駐屯地/Boros Garrison》
1 《忘れられた洞窟/Forgotten Cave》
4 《大焼炉/Great Furnace》
1 《山/Mountain》
2 《平地/Plains》
2 《光輝の泉/Radiant Fountain》
2 《隔離されたステップ/Secluded Steppe》
4 《風に削られた岩山/Wind-Scarred Crag》

sideboard:15
2 《ゴリラのシャーマン/Gorilla Shaman》
2 《孤独な宣教師/Lone Missionary》
2 《軍旗の旗手/Standard Bearer》
2 《電謀/Electrickery》
3 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《赤の防御円/Circle of Protection: Red》
2 《虹色の断片/Prismatic Strands》

どんなデッキ?

場に出るとアドを取る生物たち。

《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》は最高の白の1マナ。

出ると1枚確実にアドを取ります。

《きらめく鷹/Glint Hawk》《コーの空漁師/Kor Skyfisher》はデメリット能力のようですが、

《予言のプリズム/Prophetic Prism》のような出た時に1ドローのカードを戻せばアドを取ることが出来ます。

これらのクリーチャーを出しまくり、アド取りまくります!

他のスロットには優秀な火力。

除去にもなり、飛行クリーチャーでライフを削ってフィニッシュにもなります。

そしてデッキのキーカード。

【統治者】になれば毎ターン2ドロー出来ます。

このデッキは【統治者】になった後に、相手の攻めを火力とクリーチャーで捌きます。そして、

守って守って守れば、どんどん相手のアド差が広がっていきます。

最後は圧倒的盤面で押し潰して勝ちます。

個人的にはカルドーサ型の上位互換だとは思う

このデッキはもともと《カルドーサの再誕/Kuldotha Rebirth》を入れて、

トークン戦略とアド戦略を合せたデッキでした。リストはこんな感じ

そこからトークン戦略がほぼ抜かれて代わりに防御的なカードを取りつつ

【統治者】でのアド差で勝つという戦略にシフトしました。

簡単な言葉で言えばコントロールシフトしたと言えるでしょうか。

序盤のトークン展開から、ビートダウンで勝つというアグレッシブさは失われました。

トロンデッキのように後半のアクションが大きいデッキに対してはアグレッシブな動きは有効です。

しかし、デッキの構成的にきれいに攻め切れるという展開はそこまで多くはなく、実際は間に合っていないことの方が多かったです。

また、白単トークンのようにトークン戦略に全てを振り切っているわけではないので、中途半端でした。

一度【電謀】等で捌かれると巻き返しが遅く、

トークンを守る戦略を取れば有利になれるほどトークン戦略に尖った構成ではなかったのも中途半端でした。

【統治者】は強い!

最近参入した【統治者】という能力はpauperだとかなり強く、

このデッキが元のカルドーサ型よりアップデートされたバージョンだと僕が主張する理由です。

カルドーサ型の場合、青黒コントロールのように1対1交換を行うデッキに対してそこまで有利ではありませんでした。

ボロスよりも青黒コントロールの方が後半に稼ぐアドの量が多く、1対1交換が基本のpauperではコントロールされて負けることがほとんどでした。

序盤の立ち上がりが遅れれば、青黒にほぼ負けます。

しかし、【統治者】になってしまえば毎ターン2枚引けるのでアドで負けることはありません。

クリーチャーの少ないコントロールからすると、

【統治者】を飛行クリーチャーの壁を擁するボロスから取り返すのは容易ではありません。

【統治者】になるだけでボロスはコントロールともしっかりと戦える構造になりました。

また、単純に防御的な構成になったことで緑単ストンピィ等のアグロとのマッチアップも改善されていると思います。

【統治者】という能力が【ボロス統治者デッキ】の強さの根幹です。

守るだけで勝てるなんて素晴らしい。

1点突破型デッキに強いサイドボード

赤と白はpauperだと本当に優秀なサイドボードがあります。

《ゴリラのシャーマン/Gorilla Shaman》

は親和デッキとのマッチアップを簡単にしますし、

《軍旗の旗手/Standard Bearer》

は呪禁オーラ、ウィーゼロックス、今流行り?の不屈の部族コンボ等に刺さる強力なサイドボード。

他にライフ回復も充実しているのでバーンとの相性もバッチリ。

pauperだとアンフェア気味の1点突破型デッキ(バーン、呪禁オーラ、ウィーゼロ等)も数が多いのですが、

それらに有効なサイドボードをしっかり取れて、勝率を上げることが出来るのもこのデッキの好調の理由です。

青を含まないのに、たくさんカードを引けるのでサイドボードカードにアクセスしやすいです。

勝ちたいなら回してみよう!

安定して強いデッキであることは間違いないので、デッキ選択に迷った人はこのデッキを組んで回してみると無難ではないでしょうか?

このデッキは【統治者】という能力のポテンシャルを表すデッキです。

最近黒単等でも【統治者】をフィーチャーした形が出てきておりますが、色んな形で統治者デッキがどんどん今後も出てくることが予想されます。

今後も【統治者】はpauperで要注目ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 774 より:

    トロンがクソ辛かったんですがどうすればよかったのでしょうか

    • sugarless より:

      構造的にトロンはきついと思います。

      勝つパターンとしては、相手のアド源である青いカードをカウンター。
      クリーチャーを並べて、毎ターン削りつつ最後は火力。

      コチラが完全なビートダウンであることを意識してマリガンもきつくやります。
      序盤に飛行クロックが出ない手札はマリガン。

      このリストはサイドが対ビートダウンに寄っているので少し減らして、土地破壊を取るのもありです。