MTG復帰にオススメ!昔のカードを使う、面白い遊び方があります!しかも安い。

こんにちは。

皆さんはいつ頃のMTGをプレイしていましたか?

昔はクリーチャーが弱かったのに、今は強くなってビックリ!

「プレインズウォーカー」という新システムのカードが出ていたり。

その変化に戸惑った方もいるのではないでしょうか。今回は昔のカードを使ってMTGに復帰する方法をご紹介します。

どうやって復帰する?

MTGを復帰するためには、最新セットのパックを買って新しいカードを覚えて、スタンダードのデッキを組んで……

と、色々と大変です。費用も結構掛かりますよね。気軽じゃない。

しかも、昔は定番だった馴染みのカード達は現代だと強すぎて、スタンダードじゃ使えないんんですよね。

【対抗呪文】とか

f:id:kousuketakagimail241:20170824210641j:plain

【暗黒の儀式】とか

f:id:kousuketakagimail241:20170824211525j:plain

【怨恨】とか

f:id:kousuketakagimail241:20170824211627j:plain

【稲妻】とか

f:id:kousuketakagimail241:20170824212811j:plain

昔好きだったカードが使えないのは、ちょっと悲しいですよね。

 昔のカードが使えるフォーマットがあります!

それは「pauper」(パウパー)というフォーマットです。

別名「コモン構築」と言われる遊び方で、デッキを全部コモンで組みます。

一番レアリティの低いコモンのカードを使うので、デッキをぐっと安く組むことが出来ます。

そして、今まで発売されたコモンカードであれば(一部の例外あり)、

昔のカードでも使えるんですよ!

【対抗呪文】も【暗黒の儀式】も【稲妻】も全部コモン。強力なコモンなので、pauperというフォーマットではしっかりと使われています。

他にも強力な火力呪文やカウンター呪文もコモンのカードがほとんど。

なのでこんなカウンターたっぷりのコントロールデッキや、火力で相手を焼き切るバーンデッキも組めます。

呪文主体のデッキだけでなく、pauperはクリーチャーもしっかり強い環境なので色んなデッキが組めます。例えば、こんなデッキ

コモンだけしか使えないんですけれども、デッキのパターンとしてはスタンダード以上のものがあります。

そして、深い

MTGのよさの一つは、シンプルなゲーム性が生み出す、奥深い戦略があると思います。

pauperは使うカードはコモンなので、ルール的にも複雑なカードは少ないのですが、それらが織りなすゲームは深くて面白い!

メタゲーム、様々なデッキと戦う為の経験、デッキ構築に求められるセンス!

これぞMTGという楽しみ方が出来ます。

MTGを復帰したいけれども、何から始めればという方はぜひpauperを始めてみませんか?

第1線のデッキも3000円で組めますよ。

pauperについてこのブログでも色々と書いていますので

ぜひご参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする