【Penny Dreadful】ペニードレッドフルとは?

こんにちは。

目新しいフォーマットの名前を聞きましたので、少し調べてみました。

日本だと、まだまだ馴染みがないですが海外だと盛り上がっているようです。

【Penny Dreadful】は1円のカードのみで戦う!

MOだと需要のないカードや、大量に出回っているカードは0.01チケット(1円相当)で買うことが出来ます。

紙だと、どんなに安くてもコモンでも10円ぐらいの価値がありますが、

MOだと所詮データなのでタダ同然の価格でBOTから仕入れることが出来ます。

MOでのbotの選び方】

ほぼタダで手に入るカード達を使ってMOでデッキを組んで遊ぼうというのが、

【Penny Dreadful】というフォーマットです。

ローテーションなし、価格チェックあり!

【Penny Dreadful】にローテーションはありません。

しかし、価格チェックがあります。斬新ですね。

スタンダードのNEWセットがリリースされる度に、ゴールドフィッシュの価格よりリーガルなカードが決定されます。これは次のセットが出るまでは固定です。

次回セットが出た時に価格チェックが入ってリーガルなカードが変わるという仕組みです。

現在のリストはコチラ

デッキは100円以下で組める!

1円のカード達を使うので、当然といえば当然ですが、100円(1チケット)でデッキが組めます。

超超デフレみたいですが組めちゃいます。

コモンカードだけを使ってデッキを組むpauperでも1デッキ100円では組めません。安くても500円位はMOでします。平均を取れば数千円はすると思います。

100円でデッキが組めるって、本当に革新的なんです。

デッキのバリエーションは豊か

実はMOだとレアでも1円で買えるものがたくさんあります。なのでpauperとは違ってレアも使える派手なデッキを組むことが出来ます。

ゴールドフィッシュ掲載のデッキリストをご覧ください。

見てるだけで組みたくなるデッキばかり。新しいカードから古いカードまでまんべんなく使えるのもエターナルフォーマットのいいところですね。

pauperがリアルでも流行っていますが、これはリアルでも流行りそうな予感があります。

いろんなデッキを組んでみましょう。全部100円です。100個組んでも1万円。

コミュニティも充実

カジュアルフォーマットはプレイヤーが盛り上げるもの。

海外サイトですが、【Penny Dreadful】の公式サイト的なところもございます。

Penny Dreadful

このサイトでリーガルなカードのチェックができます。必見。

また、SCGのJENNIFER LONGさんのこの記事も必読です。

このフォーマット、日本でも流行る予感。このブログでも少しずつ紹介していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    100円を1000個組んだら10万円だろ

  2. sugarless より:

    確かに。朝起きたとにふと思いました。

    訂正致しました。ありがとうございます。

    1万個組んでも100万円。