『再録禁止』って何?本当に必要なの?

こんにちは。

最近、pauperやBrawlなどいろんなフォーマットが気になっているのですが、

レガシーもやってみたいなと思い始めております。

多様性もあって面白いコンボデッキも組めそうで、エキサイティングなフォーマットで魅力的です。

しかし、使うカードを調べてみるとやっぱり高い!!!

アンシー3万5千円!名前の覚えられない長い名前の土地が10万円!!!

供給量が少ないのとレガシーの人気と、そして再録禁止によって必須カード達はかなり値段がします。

デッキ一つで余裕で中古の軽自動車は買えちゃいますね!

今回は再録禁止についてご紹介してみます。

そもそも『再録禁止』って?

再録禁止についてはMTGwikiの記述がわかりやすいですね。

再録禁止カード

再録禁止カードは、それに指定されたカードの再版(再録)と、それらとカード・タイプサブタイプ能力マナ・コストP/Tのすべてが一致するカードの印刷を禁止している。

現在再録禁止カードに指定されているカードはすべてウルザ・ブロック以前のレア(レアのない変則的な稀少度エキスパンションアンコモン)である。メルカディアン・マスクス以降のカードは存在せず、また現在の再録禁止カードリストが今後更新(追加はもちろん削除も含む)される予定は無いと発表されている。

簡単に要約すると『再録禁止』とは「ウルザブロックより前のレアカードは、再び印刷することはしない」というMTGの販売元であるウィザーズ社がポリシーとして打ち出したもの。

印刷しない=数を増やさないということなので、すでに印刷されているものを集めてパックから出るようにすることは問題なし。

またデジタルのカードやトーナメントで使用できないカードとして再録することも問題なし。

トーナメントで実際に使えるカードの数を発売時の製造量よりも増やすことはないと言えるでしょう。

何の為の『再録禁止』?再録したらパックもっと売れるのに?

昔のエキスパンションは供給量が少ないので、みんなが欲しがる強いカードだったら値段がどんどん上がります。

そんな値段の付くカードを再録すれば、パックも売れて、プレイヤーも安くカードが手に入って大喜びですね。

『再録禁止』がなぜあるのかというと、まずはショップの在庫の価値を担保するため。

『再録禁止』があるおかげで、シングルカードの在庫が再録でガクッと値段が落ちることもなく安心して古くて高額なマジックのカードを扱うことができます。

そしてプレイヤーの持っているカードの資産価値を守るためでもあります。

何万円もしたカードが再録で値段が10分の1とかになったらやってられないですよね。

『再録禁止』があるおかげでプレイヤーも安心して高額なコレクションを集めることができます。

『再録禁止』は本当に必要なのか?

再録禁止をよく知らないときは、「高い昔のカード再録して安くならないかな?再録禁止なんてやめて早く刷ってくれ!」と思っておりましたが、少し『再録禁止』について知るとマジックに必要なポリシーだと思いました。

今回の記事を書くきっかけになったカードショップセラさんのこらむが本当に参考になりました。

再録禁止リストについて。

ウィザーズ社は『再録禁止』によって何をやろうとしているのか。

『再録禁止』によってショップとプレイヤーの資産を守ることを通して、

マジック:ザ・ギャザリングのブランド価値を守っているんです。

もし『再録禁止』が撤廃されたならマジックというゲームのブランドとしての価値が大きく下落します。

もしブラックロータスが再録されたなら

【Black Lotus】ブラックロータスは状態のいいものだと1枚100万円以上はするマジックを代表する高額カード。

レガシーでは使用できないですが、ヴィンテージで使用できます。

そのシンプルかつ強力な能力とカードイラストとカードデザイン、希少性で高額で取引されてますね。マジックプレイヤーであればみんなが一度は憧れるカード。

もちろん再録禁止カード。

もしブラックロータスが再録されたなら、100万円で買った一枚が10万円くらいまで値段が下がるかもしれません。

何十万も出して仕入れたショップも、仕入れ値の半額でも売れなくなってしまって大赤字。

これだけで大事件ですが、それ以上に問題なのは

100万円の高額カードがマジックから失われること

マジック:ザ・ギャザリングにとって、ブラックロータスのような高額なカードの存在がブランドイメージの向上にプラスに働きます。

ブラックロータスが安くなることが意味することは、マジックのブランド力を高めていた高額カードの存在を失ったということです。

ブラックロータスを実際に持っていた人が受けるダメージよりも、かなり深刻なダメージをマジック全体にもたらします。

ブラックロータスを持っていなかった人も間接的に再録によってダメージを受けるんです。

マジックのブランド価値が下がるので、手前の利益があったとしてもウィザーズは絶対に再録はしません。

このように考えると絶対に『再録禁止』は守っていかなければならないポリシーだと僕は思います。

結論:『再録禁止』はマジックに欠かせない存在

マジックを歴史的で価値のあるゲームにするために『再録禁止』は大事な要素なんです。

安易に『再録禁止』って本当に必要なの?早く高額カード再録してほしい。と考えてしまいますが、深くいろんな視座で考えてみると、

『再録禁止』最高!となってしまいますね!

そしてなんで今こんなことを書いたのかというと、レガシーに参入しようと思い立ったため。

次はレガシーの参入障壁と再録禁止について書いてみました。

ぜひお読みください。

レガシーの参入障壁について(デッキの値段が高すぎる)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする