Pauper目線!『ドミナリア』注目カードはこれ!!

pauper

こんにちは。

 

美麗なイラストと伝説クリーチャーと、古参のマジックファンを刺激するデザインのカード満載の『ドミナリア』の全カードが公開されましたね。

 

全カードリスト

 

pauperでも活躍しそうな魅力のあるカードが盛りだくさん。

今回も気になるコモンカード達をご紹介。

もの悲しい詩人

一マナでエンチャントが回収できるのがシステムクリーチャーらしいです。

出たターンに仕事しないですが、拷問生活でエンチャントコントロールが組めそうです。

 

突撃

いままでなかったのが不思議な白一マナの全体強化。

緑だと【拡大】という同型がありますね。

白でトークン系で実績がある【レイモス教の再興】がライバル。

マナを消費する代わりに殴る頭数を増やせるのが魅力なので、攻めるトークンデッキはコチラを優先するかもしれません。

 

セラの信奉者

今回の注目株。pauperだと伝説のクリーチャーと英雄譚はないので歴史的な呪文はアーティファクトのみですね。

アーティファクトをキャストするたびにサイズがどんどん上がっていくのはpauper的にはかなり強力。

白はサイボーグというアーキタイプもありますし強く使えそうです。

デッキをアーティファクトで固めてこいつをフィニッシャーをしたデッキを組んでみたい。

 

一瞬

小回りの効くインスタント。【記憶の壁】を回収しつつドローしたり、序盤は相手の展開を遅くしたり、意外と活躍できる場面は多そうです。

 

アカデミーの修士魔道士

ウィザードデッキが成立するなら、主力になりそうです。

 

氷結

青い【木化】。

青が使う除去としては3マナですが十分優秀です。pauperはクリーチャー回収ギミックが多いので使いどころは選びますが、構築で使われるだけのスペックはあります。

 

秘儀での飛行

1マナで飛行を与えて1つサイズアップできるので強力なエンチャント。

青の呪禁デッキができるならぜひ採用したい一枚。

 

工匠の助手

アーティファクトをキャストするたびに占術1。

アーティファクトを軸にしたコンボデッキだと採用の余地がありそうです。

 

巻き戻し

フリースペルの3マナ否認。

バウンスランドを採用し、実質的なマナ加速として使用できると強いですね。

コントロール同士のカウンターとしても強いですが、pauperはコントロール同型はあまりないので採用が難しいところ。

トロンあたりが採用するかもしれません。

 

死花のサリッド

死んだら苗木が出るファンガス。

苗木デッキでワンチャン。

 

闇の取り引き

墓地にカードを置くことにシナジーがあれば採用できるかも。

そうでなければ【骨読み】の方が強いですね。

 

抜去

アーティファクトも抜けるようになった【村八分】

アーティファクトが抜けるようになれば、デッキによってはアーティファクト土地も対象に取れます。

しかし、pauperだとハンデスしたいアーティファクトは少なく、【村八分】がほぼ採用されていなかったことを考えるとたぶん使われることはなさそうです。

 

ネズミの群棲

ネズミデッキの軸。2マナでこの性能はファンデッキと侮れないネズミデッキが組めそうです。

真剣にネズミデッキを考えて、ブログでまた紹介します。

 

不純な捧げ物

キッカーでクリーチャーを生贄にすればアンコウも落とせる除去。

pauperは他にも強力な黒の除去があるので、入り込めるスペースはなさそうですが、クリーチャーを生贄に捧げることにシナジーがあれば採用できそうです。

 

菌類感染

普通にパワーカード。【見栄損ない】との比較になりますが、除去したいクリーチャーが飛行でなければ出た苗木でブロックすればタフネスが2あっても除去も出来ますし

タフネスが1のクリーチャーを落として、さらに苗木というアドをとるだけでpauperでは大活躍。

サイドからメインから今後pauperで存在感を示していくと考えております。

 

陰謀団の聖騎士

盛大な誤植の被害にあったカードですが、正確にはアーティファクトをキャストするたびに2点ダメージ。

一枚で2点もダメージを与えるのはpauper的には大盤振る舞い。

 

pauperローグデッキ紹介【トロンエッグ】

 

このデッキのようにアーティファクトを連打すれば簡単に勝利できますね。新しいアーキタイプを作るかもしれない可能性のあるカードです。

 

悪魔的活力

キャスト時にアドをとるカードにつければかなりいやらしいカードになります。

1マナなのもテンポが良くて強い。

上手く使うデッキが出てきそうです。

 

ギトゥの溶岩走り

インパクトのあるカードがコモンで収録されました。

バーンでの採用が検討されてますが、バーンだと確実にダメージを与えることのできないこのカードの採用はあまり方向性があっていないと思います。

バーンよりも果敢デッキのようなインスタントとソーサリーの多いデッキや、火力の割合を多くしたスライデッキのようなデッキだと輝きそうですね。

新たな構成の赤いデッキを成立させるパワーのあるカードです。

 

ギトゥの年代記編集者

赤単色だといなかったインスタント回収クリーチャー。

青ではなく黒と組んでインスタントを回収してコントロールするデッキを組むと面白そうです。

 

猛り狂い

赤でも出た【捕食者の一撃】

攻撃クリーチャー限定なのが難しいところですが、使えるデッキはありそうです。

 

苗木の移牧

キッカーすれば一気に4体苗木を出せます。苗木デッキで採用が検討されます。

 

クローサのドルイド

キッカーで10点。トロンがアグロの勝ち筋をなくす手段としては最高です。

地味にダブルシンボルを要求するのが使いづらい。

 

冒険の衝動

一見便利そうですが、このカードを入れるなら極力クリーチャーと土地以外は入れずにデッキを組まなければならないので構築が難しいです。

このカードと【暴走の先導】を合わせて採用したエルフデッキなんかはさらに安定性を増して強いかもしれません。

 

壊れた絆

新たに出た【帰化】の亜種。ソーサリーであるかわりにマナ加速ができるので強い。

pauperだとキャストする対象が広いので、いろんなデッキで採用できそうです。

地味に強いカードの登場です。

 

無色

獣血蝋燭

マナさえあれば除去として機能するアーティファクト。たぶん使われない。

 

通電式召使い

これでライフ回復アーティファクトを毎ターン2回使うと強そう。

 

パワーストーンの破片

かなり強力なマナアーティファクト。2枚並べば4マナ。3枚なら9マナ。

禁止されそうな雰囲気すら感じます。

このカードを積極的に集めて、マナ加速でコントロールするデッキが成立すると思います。

トロンのサブプランとして採用して、安定したマナ加速を行うデッキもバランスよく組めば出来そうです。

かなり楽しみの一枚。

 

今回のFOIL100枚買え枠は??

今回は地味に強くて、今後のpauperの基礎になりそうなパワーカードや、新しいデッキを成立させるかもしれないカードも盛りだくさんで豊作ですね。

この中でも

ネズミの群棲

がマストバイだと思います。

タフネス1が気になりますが、デッキにたくさん入れるのでFOILは見つけたら買っておこう。

 

あと

菌類感染パワーストーンの破片陰謀団の聖騎士を買っておきましょう!

どれもデッキの軸になるいいカードですね。

 

ドミナリアはかなりコモンカード大豊作のセットです。剥くのが楽しみ。

基本土地もカッコいいのでpauperのデッキように集めようと思います。

ドミナリア予約開始中!

 

予約トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG ドミナリア ブースターパック 日本語版

予約トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG ドミナリア ブースターパック 英語版

¥10,614円 (税込)

コメント