スタンダード統率者『Brawl/ブロール』MTG新フォーマットとしての魅力3つ!!

Brawl/ブロール

こんにちは。先日公式より面白そうなフォーマットの告知がありました。

 

「Brawl」に乗り込め(公式記事)

 

公式がフォーマットを発表するなんてかなり珍しいことです。

『Brawl/ブロール』とは

  • 各プレイヤーのデッキ枚数は1枚の統率者を含み、ちょうど60枚でなければならない。基本土地を除いて、同じカードは2枚以上入れられない。それぞれのカードは、スタンダード・フォーマットで使用可能でなければならない。スタンダード・フォーマットで禁止されているカードはBrawl変種ルールでもプレイすることはできない。
  • ゲームの開始前に、各プレイヤーは自分のデッキから伝説のクリーチャーか伝説のプレインズウォーカーであるカードを1枚取り出し、統率者とする。ゲームを始めるときはそのカードを統率領域に置き、残りの59枚をシャッフルする。
  • あなたの統率者のカードに現れるマナ・シンボルが、あなたのデッキで使用できるカードを決定する。あなたの統率者のカードに現れないマナ・シンボルはデッキに入れることはできない。
  • 各プレイヤーの初期ライフ総量は20点ではなく30点である。多人数戦(Brawlで推奨!)をプレイしている場合には、各プレイヤーは最初のマリガンをした後も7枚のカードを引くことができ、開始プレイヤーは自分の最初のターンにカードを引くことができる。
  • 自分の統率者が統率領域にある限り、あなたはそれをそこから唱えてよい。そうするには、それ以前にそのゲームの間に統率領域からそれを唱えた回数につき②を追加コストとして支払う。
  • あなたの統率者が打ち消されたり、戦場を離れたりするなら、それを本来置かれる場所の代わりに統率領域に戻してもよい。

まさにスタンダードのカードで遊ぶ統率者戦。

初期ライフが30点とアグロデッキも活躍出来そうな設定がいいですね。

 

統率者ダメージもなくなったのでゲームがシンプルになりまりました。

『Brawl/ブロール』の魅力3つ

新フォーマットの『Brawl/ブロール』は魅力が大きく3つあると思いました。

 

①気軽にデッキが組める

スタンダードのカードプールだけ、従来の統率者のデッキ(100枚)より少ない60枚なので気軽にデッキ構築出来ますね。

 

公式でも触れられていますが、いきなり100枚のデッキを組むのはかなり大変です。

従来の統率者のような広い(マジックのカードのほとんど全て)カードプールから100枚を選ぶのは初心者には不可能です。

 

僕も統率者を始めるために100枚をチョイスしようと思いましたが、挫折しました。

価格も高いですし、どのカードを入れたらいいのか決めきれませんでした。

統率者がカジュアルフォーマットだからこそ、勝ちを求めるカードを一直線に選べばオッケーというわけにはならないので選ぶのが非常に難しいですね。

 

②使う機会がなかったカードが活躍できる!!

例えば『ドビン・バーン』

カッコいいカードでしたが構築だといまいちで全く使う機会の恵まれないカードです。

 

しかし『Brawl』だとプレインズウォーカーも統率者にできるので、このカードを軸にデッキを組むことができますね。

『ドビン・バーン』のようなスタンダード構築戦だと使う機会のないカードをしっかりと使えるのがこのフォーマットの最大の魅力。

 

また、同じカードをデッキに入れることが出来ないので、他にも構築だとチャンスのなかったカードもデッキに入れて活躍させることができます。

スタンダードのカードは今までリミテッドで使う以外は、

一部のカードがスタンダードで採用されるか、

ごく一部のカードがモダン、レガシー、統率者などで使われるか、

活躍するチャンスがかなり限られてます。

 

せっかく新しいセットのカードなのに活躍できる機会があまりにも限られていて、生まれてはリミテッドだけで消えていくカードがたくさんありました。

リミテッドだけで消えていくには持ったない魅力的なカードをしっかりとデッキに入れることができるのが『Brawl』です。

 

③コレクションも兼ねると最高!!

上記2つまではみなさん想像がつくとは思いますが、コレクション好きな僕からすればもう一つ魅力があります。

『Brawl』はかなりコレクター向きのフォーマットです。

 

今までもコレクションとしてカッコいいカードや効果の素敵なカードのFOILを各1枚集めていました。けど、使う機会はほとんどなかったです。

『Brawl』は同じカードを使わないフォーマット。

コレクション目的で集めたカード達をプレイできるフォーマットがあるなんて素敵じゃないですか?

集めた『荒くれ船員』も活躍できる?

 

それだけでなく、一からデッキを組む際にも各1枚ずつ集めていくので、デッキを組みつつコレクションが進んでいくのでコレクターとしてはデッキをどんどん組みたくなります。

これはパックも売れますね。

 

『Brawl/ブロール』大流行間違いなし!!

『Brawl』は間違いなく今後統率者を抜くくらい、楽しくて人気のあるフォーマットになる可能性がありますね。

 

現在、統率者人気でいろんなカードが高騰しておりますが『Brawl』の影響で高騰するカードも増えそうです。

特にかっこよくて変わった効果のFOILカードなんかは値段がぐっと上がりそうです。

構築フォーマットでは鳴かず飛ばずだった派手な神話カードも値段が高くなるかも。

 

『Brawl』はマジックのカードの新しい楽しみ方を提示する良フォーマット!

このサイトでもブロールのデッキや便利カードを紹介しております。

Brawl/ブロール

ぜひご参考にしてみてください。

コメント