pauperメタゲーム紹介【2018年4月更新】

こんにちは。

早速ですが、2018年4月時点でのpauperのメタゲームで意識したいデッキです。

(マジックオンラインでの結果をもとにしたものです。)

Tier1

氷雪フェアリー  不屈の部族コンボ トロン  青単デルバー ボロス統治者 青黒コントロール

Tier2

呪禁オーラ ウィーゼロックス 白黒ペスト 黒単コントロール 赤単バーン 白単英雄的 緑単ストンピィ 親和 エルフ 

各デッキ名を押すとゴールドフィッシュの最新リストを見れます。

詳細なデッキリストについてはそちらをご参考にしてください。

(メタゲーム全体の詳細なデッキ分布はコチラ

Tier1デッキ紹介

デッキ作成の際にぜひ意識したいデッキ達です。どんなデッキなのか必ず知っておきましょう。

氷雪フェアリー 

f:id:kousuketakagimail241:20170918103307j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918103323j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918103446j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918103607j:plain

 まさに万能なデッキ。カウンター、火力による除去、ドロー、デルバーによる高いクロック。現在のメタの王者。

優秀な飛行クリーチャーで殴りつつ、カウンターで妨害しながら勝利を目指します。

クロックパーミッションに属すとは思いますが、アドを取る手段も豊富であり火力とカウンターでのコントロール力も高いデッキです。

大きいクリーチャーを1マナで除去できる【雪崩し】が強い。このカードを使うために基本地形には氷雪基本土地が使われています。

要注意のカードは【呪文づまりのスプライト】。このカードが低マナ域のカードをカウンターしてきます。相手のカードをカウンターしつつ、場に飛行の1/1が残るというpauper最強カードの1つ。

pauperを定義するカード【呪文づまりのスプライト】

次のターンにアタックする【呪文づまりのスプライト】【深き刻の忍者】忍術で回収されたらほぼ負けます。

対策としてもこの【呪文づまりのスプライト】を上手くケアすることが大事です。

軽い除去や火力をしっかりとサイドには積んでおき、このカードが出てきてもカウンターを成功させないようにしましょう。

下記記事もぜひ参考にしてください。なぜこのデッキがpauperで強いのか分かります。

Pauperの赤青ゲームについて

青単デルバー

f:id:kousuketakagimail241:20170918103307j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918103446j:plain

pauperといったらこのデッキ!!最強のクロックパーミッションをコモンで体感しよう!!

先述の氷雪フェアリーのもとになったデッキです。デルバー登場以降ずっと最前線で活躍するpauperを代表するデッキです。

その戦術はザ・クロックパーミッション。相手を妨害し、飛行クロックで相手が勝利するよりも先にじわりじわりとライフを詰めていきます。

単色かつ、モダン禁止級の1マナの優秀ドローで抜群の安定感を誇るのが特徴です。

対抗呪文とバウンス呪文で何もさせてもらえないまま殴られることもしばしば。

このデッキで強力なカードは目くらまし

pauperの他のデッキでは採用率が低いのですが、このデッキが使う目くらましは勝負を決めるインパクトがあります。

一時、氷雪フェアリーの流行で数が少なくなったのですが、氷雪フェアリーで活躍したボーラスの占い師を採用したりレシピの試行錯誤が行われております。

カウンターを増量してコントロール力を高めたり、変異原性の成長を採用するリストであったり様々。

今後さらに支配的になる可能性を秘めたpauper古典デッキです。

ボロス統治者

f:id:kousuketakagimail241:20170919215033j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919215137j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919215205j:plain

赤と白だけで圧倒的なアドを取る!攻めても守ってもよしのデッキ。

優秀なサイドボードも魅力。

場に出た時にドローが出来る【予言のプリズム】のようなアーティファクトを【コーの空漁師】で回収しまた使ってアドを取る。

火力やクリーチャーの壁で守りを固めつつ、【統治者】カードを出して相手のアド差を圧倒的に作って押し潰していきます。

サイドボードも優秀で、親和に有効なカードを採用で赤や、アグロデッキやバーンに強いカードが採用できる白と文句なしのデッキ完成度。

弱点のなさそうなデッキですが、一枚一枚はカードパワーが低いので、序盤からペースを握られると巻き返せずに負けるということが多いです。エンジンがかかるまでに勝負を決めたいですね。

詳しくは pauperの【ボロス統治者デッキ】についてをご覧ください。

トロン

f:id:kousuketakagimail241:20170919225712j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919225537j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919225824j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919225850j:plain

トロン土地からの大量マナからやりたい放題!いろんなタイプがあります。

モダンでも大活躍のトロン土地もpauperで使えます。

pauperで主流のトロンデッキは、序盤をカウンターやドローで3種類トロン土地が集まるまでやり過ごし、揃ったらどんどんアドを取って負けない盤面を作っていく形です。

トロン土地がないと5マナでキャストするのが重たいと感じる【熟考漂い】を連打したり、【記憶の壁】【幽体のゆらめき】を組み合わせて何度も【熟考漂い】を出し入れしてドローしたりしてやりたい放題やります。

フィニッシュ方法はさまざまで大量のマナからX点火力を打つか、【幽体の揺らめき】【ディンローバの恐怖】の効果を無限に使って、相手の場を空にして勝利します。

トロンデッキといってもいろんな形があり【輸作】を採用してトロンを積極的に集めに行く形や、【ウラモグの破壊者】をフィニッシャーに添えたり様々。サイドカードも含め、色んなカードを採用できるデッキ構築が楽しいデッキです。トロンでしか使わないけれども、トロンが使うとめちゃくちゃ強いというカードもたくさん。

弱点は序盤のトロンがそろってから負けない状況を作るまでのもっさり感。

バーン、緑単ストンピィと早いデッキの多いpauperでは軽視できない弱点。

土地破壊に弱いのはもちろんですが、それ以上に序盤のテンポの悪さがネックです。

不屈の部族コンボ

手札を捨てるとパワーが4上がる!!青の強力ドローとカウンターで一発21点を叩き込もう!!

【不屈の部族】は手札を捨てるたびにタフネスが4上がります。なので5枚捨てればタフネスが21になります。

【裏返し】というクリーチャーのパワーとタフネスを入れ替える呪文を使って【不屈の部族】をパワーを21に変えて一発でゲームに勝負します。

一見コンボカードが【不屈の部族】4枚、【裏返し】4枚と安定しなさそうですが、pauperの誇る青のドロー呪文を連打して手札を整えていきます。

このデッキは手札の枚数がないとコンボが始動できないのですが、各フォーマットで禁止される強力ドロー【噴出】で島を手札に戻しつつ2枚ドローとこのデッキの屋台骨です。

手札を全て捨てるオールインタイプのコンボですが、妨害手段も豊富なので防ぐのはかなり困難なデッキです。

少しのミスで簡単にコンボを決められてしまうので、動きをしっかりと覚えてプレイングミスがないようにしましょう。

pauperの【不屈の部族コンボ】デッキについて

青黒コントロール

除去、カウンター、ドロー、THEコントロール 

伝統的なコントロールデッキ。青のドローとカウンター、黒の除去を用いて相手をコントロール。フィニッシュは【グルマグのアンコウ】で隙のないフィニッシュ。

メタ上で多いのは【禁忌の錬金術】を使用したタイプ。フラッシュバックを持つ【チェイナーの布告】等を墓地に落としてじわじわとアド差を広げていき負けない盤面を構築します。

使い手やメタによって構成がバラバラでコントロールらしいデッキです。環境が固まってくると採用されているカードが洗練されて有力なデッキの一角として存在感が増してきます。

青黒デッキはいろんなタイプがあります!自分の好きな青黒デッキを見つけよう!

pauperの『青黒デッキ』全紹介!!!

Tier2デッキ紹介

白単英雄的

英雄的を誘発させサイズを上げつつ、プロテクションで翻弄する!

コモン落ちカード達が成立させた新デッキ!

アイコニックマスターズのコモン落ちで生まれた新しいアーキタイプ。

【アイコニックマスターズ】コモン落ちカード全解説

大注目だった道の探究者がやっと一番の居場所を見つけました。

同じくコモン落ちした無傷の発現果敢だけでなく英雄的とも相性が良く、このデッキを成立させるマスターピースとなりました。

このデッキの強さは英雄的によるサイズ力だけでなく、プロテクションを駆使した攻めと守りにあります。

青単デルバーのように単色のデッキや、除去を単色に頼っているデッキがpauperでは多いので、チョー=マノの祝福のようなプロテクション付与のエンチャントが無敵のクリーチャーを作り上げます。

単純に攻めるだけでなく、ライフを回復しながら守ることも出来るので、

複雑なコンバットやライフレースがゲーム中は求められる楽しいデッキ!

このデッキを紹介したのはコチラの記事です!

pauperの『白単英雄的/ヒロイック』について

緑単ストンピィ

f:id:kousuketakagimail241:20170918225525j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918225316j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919212359j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919212547j:plain

小粒で優秀な緑のクリーチャー達で素早く殴りきる。

マナ効率とテンポの良さ、そして多彩な攻めで死角なし。

pauperのビートダウンの代表デッキ。1マナから2マナの緑のクリーチャーをテンポよく並べていき、どんどん相手を追い詰めていきます。

このデッキを一躍トップメタに推し進めたのは【炎樹族の使者】のpauper参入

このカードによって圧倒的テンポでクリーチャーを横に並べることが出来るようになり、相手の除去が間に合わない速度を獲得しました。

テンポよく並ぶクリーチャーが並ぶクロックが早いだけでなく、コンバットトリックを絡めた多彩な攻めが出来ることも脅威。

【スカルガンの穴潜み】はパワーを上げれば実質アンブロッカブル。ほかにもバラエティ豊かなクリーチャーと、強化呪文が織りなす複雑な攻めは相手の計算を大きく狂わせます。

pauperでは序盤から終盤までこのデッキに圧倒されて簡単に負けない、もしくはストンピィよりも早く勝てるのかという絶対的な基準が存在します。

環境を定義するデッキといっても過言ではありません。

親和

f:id:kousuketakagimail241:20170918111104j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918111401j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918111408j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170918111151j:plain

pauper環境のメイン最強デッキ。親和でコストの軽くなったカードで相手を圧倒します。

アーティファクト土地はぶっ壊れカード

アーティファクト土地を使えるpauperだからこそ成立するデッキ。

【親和】によりコストの軽くなった優秀なカードを連打して勝利します。

ブン回った時の強さは圧巻。3ターン目に4/4が3体並ぶなんてことは朝飯前。

このデッキの強さは強力な割に軽いカードだけでなく、【エイトグ】というアーティファクトを食べて強くなる怪物がいることも大きいです。

アーティファクトを食べるとパワーとタフネスが2ずつ上がるので、ブロックしないと場のアーティファクトを全部食べて20点ダメージで勝ってしまうことも。

そして、全てのアーティファクトを食べてパワーが20点以上になった【エイトグ】を【投げ飛ばし】で生贄にして相手に致死ダメージというコンボも内蔵。

この一撃必殺で不利な局面からも一気に勝利をもぎ取ることが出来ます。

一見、pauper最強デッキに見えるのですが、【ゴリラのシャーマン】のようなアーティファクト対策カードに滅法弱いです。アーティファクトの土地であることが裏目にでて土地を殲滅されて何もできなくなります。

pauperのサイドボードはこの親和デッキに簡単に負けないように考える必要があります。それくらい環境を代表するデッキの1つ。

親和デッキについて自分なりに考えてみました。

pauperの親和デッキについて

エルフ

エルフシナジー満載!圧倒的展開力でエルフがどんどん強くなる!

もともと既存のアーキタイプでしたが新しく参入した《暴走の先導/Lead the Stampede》によってtier1へ。

詳しい動きについては下記記事をご覧ください。

pauperの緑単エルフについて【暴走の先導を楽しく使う】

タフネス1が多く、全体除去等に弱いという特性がありますが、青をタッチしたり、前のめりな構成にしたりと試行錯誤が行われている今熱いデッキです。

ただブン回ればどのデッキも太刀打ちできず、除去の薄いデッキは苦戦を強いられます。

エルフに負けないようにサイドは電謀等の全体除去を取りましょう。

赤単バーン

f:id:kousuketakagimail241:20170919223128j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919223035j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919223008j:plainf:id:kousuketakagimail241:20170919223247j:plain

古の火力と最新のクリーチャーのコンビで相手のライフを焼き尽くす!

優秀な火力のほとんどはコモン。【稲妻】に代表される1マナ3点火力を相手に打つバーン戦略はMTGの文化。

ここ最近のセットより、【火付け射手】【熟錬金術師】という火力に+1点を加えてくれるクリーチャーが加入し、さらにその勢いとデッキパワーはとどまるところを知らず。

火力射程圏内にライフを驚くべきスピードで削っていきます。

稲妻一枚で5点ダメージとかやりすぎです。

ピッチスペルである【火炎破】を組み合わせてのキルスピードの早さも魅力で、どんなデッキに有無を言わせず勝ってしまうことが出来ます。

しかし、pauperはモダンとは違って2色土地からライフを1点得ます。

そして、【呪文詰まりのスプライト】を擁するフェアリー系のデッキのクロックパーミッション戦略に弱く、pauper環境を染め上げるまでには至っておりません。

逆に上記の2点がなければ圧倒的トップメタデッキとなりうるくらいのデッキパワー。

サイドにはしっかりとライフ回復手段を積んでおきましょう。

使ってみたい方はコチラも参考にしてみてください。

pauperのバーンのプレイングについて

今月の注目デッキ!

環境はボロス氷雪デルバーのシェアが高く、親和や白単英雄などの安定しないデッキがメタ上で少なくなっております。

エルフに勝てないストンピィのシェアもガクッと一時期よりは落ちましたね。

その中でデッキパワーも高い不屈の部族コンボ青黒コントロールが少しずつ増えてまいりました。

そんな中、メタの風穴を開けるかもしれない新デッキが誕生しました。

青黒ずべら

creatures:21
4 《屍肉喰らい/Carrion Feeder》
4 《灰色肌のずべら/Ashen-Skin Zubera》
4 《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》
1 《血の幼子/Blood Bairn》
3 《墓所のネズミ/Crypt Rats》
4 《熟考漂い/Mulldrifter》
1 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》

spells:19
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《超常的耐久力/Supernatural Stamina》
1 《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff》
2 《悲劇的な過ち/Tragic Slip》
3 《死せざる邪悪/Undying Evil》
2 《発掘/Unearth》
2 《チェイナーの布告/Chainer’s Edict》
1 《破滅の刃/Doom Blade》

lands:20
3 《灰のやせ地/Ash Barrens》
1 《ディミーアの水路/Dimir Aqueduct》
1 《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》
4 《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
3 《島/Island》
2 《亡骸のぬかるみ/Mortuary Mire》
6 《沼/Swamp》

sideboard:15
1 《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》
1 《嵐縛りの霊/Stormbound Geist》
1 《黒薔薇の棘/Thorn of the Black Rose》
2 《払拭/Dispel》
2 《強迫/Duress》
2 《水流破/Hydroblast》
2 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2 《鋼の妨害/Steel Sabotage》
1 《破滅の刃/Doom Blade》
1 《墓の刈り取り/Reaping the Graves》

「ずべら」はこのターンに墓地に置かれた「ずべら」の数を参照して、その数だけ死んだときに能力を発揮します。

そんなずべらを発掘等のリアニメイト呪文で何回も生贄に捧げて、すごい効果を発揮させるデッキです。

ずべらだけでなく相性のいい《熟考漂い/Mulldrifter》《墓所のネズミ/Crypt Rats》《死せざる邪悪/Undying Evil》のよう呪文と合わせて使ってアドとコントロールを稼ぐことも出来ます。

コンボ要素も併せ持ったコントロールデッキでブン回りもありつつ、手札や場を空にする高いコントロール力も魅力です。

そんな中、僕はずべらでストームデッキを作りました!?

pauperローグデッキ紹介『ずべらストーム』

ゴールドフィッシュでも取り上げられて、大反響があったデッキです。楽しいのでぜひ。

最後に

この記事を書くにあたり勝手ながら、『MTG Pauperブログ”シミてく(゜-゜)”』

さんの内容を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

pauperのすべてはここに詰まっていると言えるサイトですのでぜひご覧になってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. stradio より:

    もし良かったら特定のデッキのサイドプランとかも記事で書いてくれませんか?例えば青赤デルバーだとトロン相手だと何を入れて何を抜くなどといった戦術面も記事で読みたいです。

  2. kousuketakagimail241 より:

    コメントありがとうございます。
    ぜひ書いてみたいです。
    まだまだ各デッキへの理解が足りていないので着手できていないのですが、トップメタデッキのサイドボード論は書きたいですね。
    pauperのサイドって意外とどのデッキも似通っていてパターンが少ないので、色んなデッキで応用できるサイドボード論も書けるかもしれません。
    もっと各デッキMOで回してみます。

  3. scales より:

    tierのつづりがtireになっています。一応報告です。
    前のブログの時からとてもお世話になっています。これからもpauper記事楽しみにしています。

    • sugarless より:

      いつもご覧いただきありがとうございます。

      修正致します。

      助かります。

      これからも書いていきます。

  4. nameless PW より:

    モダンだと好きな人が細々と使ってるすべりおんがPauperという別のフォーマットだと大活躍というのは正にマジックの醍醐味ですねー