pauperローグデッキ紹介【緑黒マッドネス/TWO DOGS】 

pauper

こんにちは。

マッドネスが使いたくなって、デッキを組んでみたので紹介します。

個人的には青緑より好みです。

 

話は変わりますが今年は戌年。

pauperでがこれほどまでに活躍するデッキは他になし!!

別名『TWO DOGS』です。

 

緑黒マッドネス

creatures:29
4 《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》
4 《熊人間/Werebear》
4 《野生の雑種犬/Wild Mongrel》
4 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
4 《吸血犬/Vampire Hounds》
3 《墓を掻き回すもの/Grave Scrabbler》
4 《尊大なワーム/Arrogant Wurm》
1 《グリクシスの奴隷使い/Grixis Slavedriver》
1 《クローサの大牙獣/Krosan Tusker》

spells:12
3 《見栄え損ない/Disfigure》
3 《忌まわしい回収/Grisly Salvage》
4 《死の円舞曲/Macabre Waltz》
2 《ひどい憔悴/Crippling Fatigue》

lands:19
5 《森/Forest》
1 《ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate》
2 《ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm》
4 《ジャングルのうろ穴/Jungle Hollow》
7 《沼/Swamp》

sideboard:15
3 《苛性イモムシ/Caustic Caterpillar》
2 《墓所のネズミ/Crypt Rats》
2 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
3 《強迫/Duress》
2 《チェイナーの布告/Chainer’s Edict》
3 《骨までの齧りつき/Gnaw to the Bone》

どんなデッキ?

能力『マッドネス』をフィーチャーしたデッキです。

『マッドネス』は手札から捨てると、墓地に行く代わりに唱えることができる能力。

手札を捨てるというのは本来はアド損で嫌なことですが、マッドネスカードを捨てればどんどん得していきます。

 

また、マッドネスで唱えるとマナコストも少なく済みます。

《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》なんてマッドネスで唱えると0マナ!!

マッドネスは相手のターンでも使えるので、相手のターンで捨てて急に盤面を構築することも出来ます。

 

マッドネスは共鳴者が必要!!

マッドネスを上手く使うには共鳴者(カードを捨てる能力を持つカード)が必要。

 

まずは《野生の雑種犬/Wild Mongrel》

カードを捨てればサイズが1つアップ。

火力で死ににくくなったり、戦闘も優位に運べたり、使ってみると分かる強さ。

共鳴者カードの代表とも言えるカードです。

 

そして、2匹目の犬《吸血犬/Vampire Hounds》

クリーチャー限定ですが、捨てると2サイズアップ。

マッドネスで捨てたいカードはクリーチャーなのでちょうどいいですね。

一枚で打点が2上がるのは、ブロックしないと痛い目にあいます。

 

《死の円舞曲/Macabre Waltz》はアドも稼げる。

まさにマッドネスのためにあるようなカード。墓地からマッドネスカードを回収して捨てる動きが無駄がなく強いです。

 

墓地シナジーもたくさん

このデッキの第2のテーマは墓地活用。

墓地をたくさん肥やすことで、さらに強くなっていきます。

墓地からでも使うことのできる除去や、

 

《熊人間/Werebear》は墓地が7枚になると4/4に。

不要なカードを共鳴者で捨てればスレッショルドもすぐ達成できます。

 

コイツをマッドネスで唱えれば墓地から好きなクリーチャーを回収。

どんどん有利な盤面が出来上がっていきます。

 

墓地、手札、全て活用して攻める!

マッドネスという能力をうまく使いアドを稼ぎつつ、強力な共鳴者とマッドネスクリーチャーで攻める。

除去を打たれても墓地からクリーチャーを回収してしぶとく攻めることも出来るので、息の長い攻めができるミッドレンジデッキです。

 

手札から捨てたり、墓地を回収したり相互作用がたまらない!!!

 

やっていることは黒緑の王道だと思いますので、ゴルガリカラーがが好きな方はぜひpauperでこのデッキを組んでみてはいかがでしょうか?

コメント