Pauperのタルモゴイフ【黴墓のゴミあさり】なぜ弱いのか真面目に考えてみる。

pauper

こんにちは。

 

みなさんはpauperにもタルモゴイフがいるのをご存知ですか?

結構最近のエキスパンション【イニストラードを覆う影】収録なんですよ。

 

【黴墓のゴミあさり】

昂揚(墓地に4種類のカードタイプがある)という条件を達成すれば、サイズが3/4になります。

サイズがタルモゴイフに似ているのでpauperのタルモゴイフとして人気があります!?

 

2マナで3/4として運用できるので一見強力なのですが、pauperだと鳴りを潜めております。

なぜ、活躍していないのか?弱いのか?という部分を真面目に考えてみたいと思います。

 

理由① サイズが微妙

pauperで3/4というサイズはかなり微妙です。

 

2マナで3/4は破格のサイズかと思います。

しかし、pauperを代表する親和というデッキは同じく2マナでもしくは0コストで

4/4をサクッとたくさん出してきます。

 

pauperの親和デッキについて

 

なので3/4というサイズは一方的に負けるのでかなり微妙。

 

それだけでなく、除去にもそこまで強いわけではありません。

稲妻で落ちないのは偉いですが、【炎の斬りつけ】で落ちちゃうんですよね。

 

対照的に5/5は神!だからこいつはいつも強いんですよね。

 

理由② 宿命的ライバルがいる

【熊人間】先輩が宿命的なライバルです。レガシーでも活躍されていたそうです。

 

そもそも、【昂揚】を達成するには墓地にカードを落とすシナジーが必要です。

それだったらスレッショルドを達成して【熊人間】を使ったほうがいいんじゃない?

となります。

 

昂揚を達成する過程でスレッショルドも達成できるし、4/4とサイズも大きいし、序盤はマナ出すだけでもかなり活躍するし、【熊人間】の方が強そうです。

 

意図的に【黴墓のゴミあさり】を使おうとデッキを感得ていたのですが、いつの間にか先輩と置き換わっていました。

 

今後活躍できるの?

かなり微妙だと思いますが、他にも相性のいいカードはたくさんあるので可能性はなくはないと思います。

 

同じく昂揚を持つ【スレイベンの異血種】

マナカーブとしても素晴らしく、序盤からこの2枚を展開できればかなり硬くてアグレッシブな盤面を構築できそうです。

 

【捨て身の歩哨】も目立った活躍がないですがかなり強いカード。

pauper的には3マナで4/3と3/2と出せるのは異常なコスパ。

昂揚を軸にデッキを組むことも出来そうですね。

 

そして、pauperは実は昂揚がかなり達成しやすい環境です。

なぜなら、、、

アーティファクト・土地 が使えるから。

基本地形とすんなりと入れ替えることができて、仮に割られても昂揚的には墓地が肥えるのでアリです。

 

エンチャント・クリーチャーもいますよ!

昂揚を2枚の墓地で達成しよう!

つまるところ、このカードが好きなんです。

ずっと使いたいと考えているので、ピッタリとハマるデッキがpauperでいつか組めたらと思います。

アーティファクト・土地が使えるのでそこまで墓地シナジーに頼らなくても達成できそうなので、クロックパーミッションのグッドスタッフ的に活用しようと計画中です。

 

はたして、モダンのタルモゴイフのようにpauperの顔になれる日が来るのか。楽しみですね。

コメント

  1. nameless PW より:

    素でタフネスが4あるのを上手く使って差別化出来れば・・・拷問生活デッキの壁役なんて適任な気がするんですけどね

    • sugarless より:

      タフネスもあって、そんなに弱くないけれども強くもない。

      入るデッキが今一つないところがありますね。
      稲妻で落ちないですし、ボーラスの占い師も一方的に倒せるので攻めてもよし。

      拷問生活は守るために胞子カエルという結構強いカードが入っているので、あまり入る枠がないのかなと考えています。

  2. 匿名 より:

    マンドリルとアンコウの強さの差を考えるとやはりタフネス5と4の差は大きいなあと感じますね・・・