旧枠モダンデッキ紹介【フィンキュラ】

旧枠モダン

こんにちは。新カードが追加された旧枠モダン。
どのカードも昔の構築で活躍したカードばかりで、無限にデッキのバリエーションがあります。
本日ご紹介するのも昔のトーナメントで活躍したデッキをベースしております。

スポンサーリンク

フィンキュラ

creatures:12
4 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
4 《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》
1 《墓生まれの詩神/Graveborn Muse》
2 《まばゆい天使/Blinding Angel》
1 《セラの天使/Serra Angel》

spells:25
4 《強迫/Duress》
4 《選択/Opt》
1 《のぞき見/Peek》
1 《発掘/Unearth》
2 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1 《禁制/Prohibit》
1 《霊魂放逐/Remove Soul》
2 《燻し/Smother》
2 《恐怖/Terror》
3 《吸収/Absorb》
4 《嘘か真か/Fact or Fiction》

lands:23
4 《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
1 《沿岸の塔/Coastal Tower》
2 《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《島/Island》
2 《平地/Plains》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《塩の湿地/Salt Marsh》
2 《沼/Swamp》

sideboard:15
3 《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》
2 《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》
1 《隆盛なるエヴィンカー/Ascendant Evincar》
1 《蔓延/Infest》
3 《最下層民/Pariah》
2 《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》
2 《一掃/Scour》
1 《消えないこだま/Haunting Echoes》

フィンケル、ピキュラを使いこなせ!

昔、インビテーショナルという大会があって、
そこで優勝するとカードを1枚デザインする権利を与えられました。

優勝者のデザインを元に作られたのがインビテーショナルカード。
イラストに優勝者が描かれており、その優勝者の名前を愛称として持ちます。

 

フィンキュラというデッキ名は今回使っているカードの愛称からとられております。

 

まずフィンはフィンケルのフィン。言わずと知れたマジックの有名プレイヤーです。

《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》をデザインしました。

畏怖という回避能力で毎ターン相手を殴り、ドローします。
出して殴り続ければ、どんどん有利になるパワーカード。

 

キュラはピキュラ。こちらも古豪のプレイヤー。

《翻弄する魔道士/Meddling Mage》をデザインしました。

相手に使われると嫌なカードをシャットダウンする強力な能力。
普通のデッキに対しても強いですが、特定のカードに依存するコンボデッキには強烈に刺さります。

 

こんなかっこよくて強いカードを軸に組んだのが今回のデッキです。

オリジナルのフィンキュラのデッキについて知りたい方は下記もチェックです。

構築譚 その4:フィンキュラ|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト
世界中で2千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ世界最高の戦略トレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式ウェブサイト。

 

旧枠モダンではどんな構成?

本家と同じく 《強迫/Duress》《のぞき見/Peek》を採用し、《翻弄する魔道士/Meddling Mage》をバックアップ。

相手の行動を積極的に妨害していきます。

 

除去やカウンターで相手の初動を止めたら、フィンケルの出番。ちまちまと毎ターン殴って相手のとのアドバンテージ差を広げていきます。

 

フィニッシャーにも本家と同じく天使を採用


《セラの天使/Serra Angel》は旧枠モダンだと普通に一線級で、ブロッカーを用意しつつ、毎ターンクロックを刻めるのは強い。

 


《まばゆい天使/Blinding Angel》も採用。
こちらで殴り始めると相手の地上クリーチャーは全く機能しなくなります。あとはカウンターやピキュラで守り切れば、相手はなす術なく負けていきます。

 

新加入したドローカード《嘘か真か/Fact or Fiction》ももちろん採用。初めて使ったのですが、強いですね。

フィンケル、ピキュラ、天使。カッコよさは旧枠モダン随一。

どのカードもかっこよすぎて回していて楽しいです。
サイドに《隆盛なるエヴィンカー/Ascendant Evincar》《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》のような黒い強力なクリーチャーも潜んでいますよ。

旧枠モダンは歴代の人気カード、人気デッキを使えるフォーマットですのでぜひ遊んでみてくださいね。

旧枠モダンとは?(古参プレイヤーはやらずにいられない!)
こんにちは。 僕はインベイジョンぐらいからマジックに触れ始めました。 だから最初に遊んでいたカードは旧枠。 他の国産のTCGとは違うエキゾチックな感じがたまらなかったです。 そのあと第8版からマジック...
旧枠モダン
スポンサーリンク
シェアする
MTGブログ 終わりなき探求

コメント