【M20 基本セット2020】シールド攻略!【赤】点数表!!

リミテッド

こんにちは。

8/2より開催のMF千葉のフォーマットは基本セット2020のシールド
僕もかなり久しぶりに出場いたします。

そこでこのブログでもシールドを徹底攻略致します。まずは各色のシールド目線での点数表を作ってみます。
個人的な評価ですので参考までにご覧ください。
随時、評価が変わり次第追記していきます。

 

点数表

  • 10点 絶対に使うべきカード。デッキ構築を歪めてでも採用すべき。
  • 9点 ほぼ絶対に使うカード。タッチしてでもデッキに入れるべき。
  • 8点 プールの同カラーが貧弱でない限り使う。タッチで使えるなら積極的に入れる。色を決める指針になる。
  • 7点 色が合えば絶対に使う。カードが足りてなければタッチしてでも使う。
  • 6点 デッキに入っていると嬉しいカード。タッチしてまで使う価値はない。
  • 5点 デッキに入るぎりぎりのライン。1枚としては数えられる。
  • 4点 マナカーブを埋める為や、特定の戦略に噛み合うのであれば使う。または強いサイド用カード。
  • 3点 デッキに入るカードが何もなければ入れる。またはサイド用カード。
  • 2点 弱い。だが、かなり限られた状況で1枚分の仕事はする。
  • 1点 ゴミ。間違ってもデッキに入れてはいけない。

【赤】点数表!!

赤・神話レア

炎の騎兵 8点

軽量のアグロクリーチャーが多いならフィニッシャーとしては優秀。

後半はルーティングで不要牌を変換できるので、グダったゲームでも強い。

 

目覚めた猛火、チャンドラ 9点

1枚で勝てるカード。タフネス3マナで一気に落とせるので、飛行クリーチャーもまとめて除去できるはず。

膠着した盤面でも紋章で一気に勝負を決めることができ、劣勢でも除去から始められる。

ドラフトよりもシールドで輝くカード。

 

赤・レア

炎の侍祭、チャンドラ 7点

黒と相性のいいチャンドラ。生贄のクリーチャーを用意でき、除去も使いまわせる。

クリーチャーが出た時に誘発する能力ともシナジーがある。

呪文が多めなら採用だが、シナジーもなく呪文もなければ入れない。

 

チャンドラの調圧器 3点

チャンドラいなければ弱いルーター。チャンドラ2枚くらいいるなら入れてもいいかも。

 

炎の大口、ドラクセス 8点

分かりやすく強いドラゴン。殴り始めたら勝てる。

 

光り角の海賊 6点

ルーティング能力とサイズは優秀。

 

発火の力線 2点

かなり前のめりなデッキが除去コントロールデッキに対してサイドインできるかも。

1枚で6点くらい稼いでくれるなら。

 

無法の猛竜 2点

後続を殺していくデメリットしかない。

 

反復する反響 3点

殺害が3枚ほどあるプールだと一気に3体除去できる。

サイド後、色対策の除去をこのカードで3倍にすれば勝負を決めるので積極的に狙う。

 

雷族の呼び覚まし 2点

戻せるエレメンタルがほとんどなく、ほぼ1/2速攻。

 

赤・アンコモン

新米紅蓮術師、チャンドラ 7点

マナ加速が火力も打てればシールドでは強い。

エレメンタルの強化も使うことがあるかも。アンコモンなのに忠誠度が増えていくので厄介。

 

チャンドラの吐火 6点

エレメンタルなのでアンコモンのチャンドラと一緒に使いたい。

簡単に5/3になって殴る機会もありそう。赤らしくライフを削る速度の速いクリーチャー。

 

ドラゴン魔道士 7点

7マナで5/5飛行というだけで強いが、手札を補充すれば一気にフィニッシュまでいけそう。

元レアなだけあってカードパワーは十分。

以外と飛行クリーチャーは止まるので信用は出来ない。

 

燃えさし運び 5点

ダブルシンボルなので序盤に出しにくい2マナ。あれば使うがあくまで2マナの性能。

 

炎の一掃 3点

相手が白や黒のトークンを多用するデッキならサイドインできる。

 

丸焼き 4点

強い色対策。サイド後色が合えば絶対に入れる。

 

ゴブリンの首謀者 2点

ゴブリンの数は集まらないので使えない。

 

供犠の仮面 5点

赤らしい能力だが能力は地味。使い方次第ではいい仕事する。

2マナ域としてなら採用圏内。

 

多欲なドラゴン 6点

飛行というだけで強いが、後続をつなげるマナ加速も魅力。

次のターン、7マナのドラゴンを叩き付けよう。

 

駆け回る物焦がし 5点

アンコモンのチャンドラや黒の生贄シナジーと噛み合う。

シナジーが見いだせなくても、ブロッカーとして時間を稼ぐので最低限の仕事はする。

 

放たれた怒り 5点

ドラゴンに使って一気に勝負を決めたい。

 

解き放たれた狂戦士 3点

サイドカード。

 

赤・コモン

反逆の行動 3点

サイドから相手が大型飛行クリーチャーを入れていたら使うかも。

メインに入れるためには黒と組み、供犠の仮面も欲しい。

 

チャンドラの火炎猫 3点

チャンドラが2枚とかいるなら採用してもいいかも。

神話チャンドラがいれば絶対に入れる。

 

チャンドラの憤慨 6点

便利なインスタント火力に本体ダメージも。枚数欲しいカード。

 

短剣帆の飛空士 4点

地味ながら赤いアグロデッキが4マナ3/2飛行を使うのは悪くない。

 

破壊的穴掘り 5点

3マナとしては及第点のサイズと、後半にルーターとして機能する能力は十分強い。

 

炎の精霊 3点

マナカーブを埋めるくらいなら出来る。エレメンタルなのでシナジーもアリだが、他に優秀な5マナがあれば絶対に入れない。

 

ゴブリンの鳥掴み 4点

短剣帆の飛空士と一緒に飛ぶ?飛行クリーチャーが用意出来てるなら2マナとしては優秀な部類。

 

ゴブリンの密輸人 3点

基本的には弱い。しかし、黒と組んでコモンの大胆な盗人と組み合わさったときにコンボ。

赤黒なら積極的に狙う。

 

立腹 3点

ほぼ巨大化。

 

ケルドの略奪者 5点

4マナとしてはサイズもよく、ルーティングも地味ながら強い。4マナは任せられる。

 

溶岩族の喧嘩屋 5点

エレメンタルを並べる手段があれば採用できる。自身もカウントできるので単体でも3/4としては使える。

エレメンタルの数が確保できれば、主力アタッカーになる。

 

狂った怒り 3点

攻めるデッキで飛行クリーチャーにつけばめちゃくちゃ強い。シールドだとあまり組む機会がないかもしれない。

 

群れる猛犬 4点

同名シナジーはあんまり気にしてない。

単体でも後半仕事するので、2マナとしては悪くない。

 

無謀な空襲 3点

サイド後、飛行クリーチャーを落とすのに使う。

 

灰と化す 5点

重たいが除去。1枚くらいは採用する。追放なので黒に強い。

 

鱗剥ぎの捕食者 4点

サイズと威迫で戦闘スペックは高め。マナカーブを埋めるくらいの仕事はする。

 

焦がし吐き 2点

1マナで2点クロックだがシールドだと使えない。

 

ショック 5点

嬉しい火力。効果が小さいためカードが足りていれば入れすぎない。

 

地盤の裂け目 4点

相手が多色でマナのタイトなデッキで、こちらがアグロ側ならサイド後はいれそう。

メインから入れるにはリスクがある。

相手の展開を遅くし、大ダメージで王手を掛けれるのはいい。

 

総評

コモンに強いカードが少なく、メインカラーとしては厳しい印象。出来る限り使いたくない。

アンコモンもそこまで強くなく、レアが出たらサイドカラーとして使うのを検討する。

 

シールドだと一番見ない色になりそうだが、練習でどのように変わるか楽しみ。

リミテッド
スポンサーリンク
シェアする
MTGブログ 終わりなき探求

コメント