【M20 基本セット2020】シールド攻略!【白】点数表!!

リミテッド

こんにちは。

8/2より開催のMF千葉のフォーマットは基本セット2020のシールド
僕もかなり久しぶりに出場いたします。

そこでこのブログでもシールドを徹底攻略致します。まずは各色のシールド目線での点数表を作ってみます。
個人的な評価ですので参考までにご覧ください。
随時、評価が変わり次第追記していきます。

 

点数表

  • 10点 絶対に使うべきカード。デッキ構築を歪めてでも採用すべき。
  • 9点 ほぼ絶対に使うカード。タッチしてでもデッキに入れるべき。
  • 8点 プールの同カラーが貧弱でない限り使う。タッチで使えるなら積極的に入れる。色を決める指針になる。
  • 7点 色が合えば絶対に使う。カードが足りてなければタッチしてでも使う。
  • 6点 デッキに入っていると嬉しいカード。タッチしてまで使う価値はない。
  • 5点 デッキに入るぎりぎりのライン。1枚としては数えられる。
  • 4点 マナカーブを埋める為や、特定の戦略に噛み合うのであれば使う。または強いサイド用カード。
  • 3点 デッキに入るカードが何もなければ入れる。またはサイド用カード。
  • 2点 弱い。だが、かなり限られた状況で1枚分の仕事はする。
  • 1点 ゴミ。間違ってもデッキに入れてはいけない。

【白】点数表!!

白・神話レア

群れの力、アジャニ 8点

神話プレインズウォーカーの中では弱い方。使うなら除去や壁クリーチャーを採用して徹底的にアジャニを守る覚悟で。

 

暁の騎兵 8点

除去になり、サイズも優秀。しかしトリプルシンボルなのでかなり使いずらい。よって7点。

メインカラーでないと採用をためらいますね。10:7の2色目としては使えないので、マナベース意識。

7ターン目くらいにキャストでもバリューはあるのでサブカラーでも9:8のマナベースで。

 

白・レア

翼の司教 4点

生命力の天使がたくさん出たなら悪くないが、基本的には2マナ1/4。

 

帰寂からの帰還 3点

基本的には弱いコンバットトリック?相性のいいカードやプレインズウォーカーが取れているなら入れるかも。

 

グリフィンの歩哨 7点

3マナで飛行2体は優秀。

除去にもなるので恐ろしい。

庇護のグリフィンと相性がいいので一緒に使いたい。

 

神聖の力線 1点

出てほしくないレア。

 

ロクソドンの生命詠み 7点

能力も悪くなく、後半はサイズでフィニッシャーになる。シングルシンボルなのでタッチしやすい。

 

次元の浄化 7点

さすがに全体除去は強い。相手がヤバいプレインズウォーカーを使って来たら、白に色替えしてこのカードを引けることを期待して動いてもいいかも。

 

天空の刃、セファラ 8点

飛行クリーチャーが4体並んでいるなら大体勝ってる。

7/7飛行、ライフリンクはゲームをひっくり返す。コモンの除去でこのカードまでつなげたい。

 

星原の神秘家 3点

2/2バニラ。マナカーブを埋めるなら。

 

白・アンコモン

祖先の刃 6点

2マナのクリーチャーとしてカウントでき、軽い装備品として運用できるのもいい。

後半引いてもブロッカーを用意する装備品だとすると悪くない。

 

生命力の天使 5点

3マナ2/2というだけで強い。

 

浄光の使徒 4点

サイドからは使うし、入れるものなければ入れとく。

黒いデッキに当たったときに墓地回収も防げて強い。

 

敬虔な命令 4点

ナイスサイドカード。逆に相手が白を使っているならサイド後は飛んでくる可能性ありなので、油断しない。

 

永遠の疎外 7点

基本的にはあれば入れていい。デッキに戻ってくれるので回収されたりしないのも強み。

 

剣術の名手 3点

装備品があり、2マナが足りてなければ入れる。なにもなければバニラなので絶対に入れない。

 

光の篭手 2点

タップで起動できる強いレアがあり、カードが足りてなければ入れる。弱い。

 

神々の思し召し 4点

ボムレアのクリーチャーを守るために使うなら入れる。

ないなら採用する価値は薄いが、相手が除去コントロールなら除去と交換できるのでサイドから入れる。

 

太陽の伝令 7点

飛行ビートのフィニッシャー。単体でも4/4飛行なので悪くない。

 

忠実なペガサス 4点

飛行クリーチャーで攻めるデッキなら入れる。コントロール寄りなら使えない。

 

練達の接合者 6点

サイズ馬鹿。4マナで5/5相当。しかも横に並ぶのでシナジーもアリ。

嬉しい4マナ。

 

法の定め 1点

リミテッドって大体そういうもの。

 

白・コモン

空からの突撃 6点

除去。飛行クリーチャーがいれば、ブロックせずに通したダメージも少しリカバリー出来るのが強い。

 

天使の贈り物 3点

キャストするタイミングは気を付けたいが、カードを減らさず大型クリーチャーを飛行持ちにするのは大きい。決して2枚は入れてはいけないし、他にカードがあるならデッキが薄くなるので入れない方がよさそう。

 

大隊の歩兵 3点

4枚あれば使ってみたくなるけど、初手に2枚来た時に裏目が大きいしサイズも微妙。

強い装備品もないので使えない。

 

夜明けの天使 4点

ライフ回復能力はコントロールデッキなら噛み合う。5マナ域はそんなに数要らないのでこのカードを入れてるとヤバい。

 

夜明けの司祭 3点

2マナが足りてなければ。

 

解呪 3点

メインには入れない。が、サイドとしては使う。

 

まばゆい神盾 3点

アグロデッキなら入るかも。シールドでは弱い。

 

庇護のグリフィン 6点

継続的にクリーチャーを出して殴り続けたい。飛行ビートの基礎になると思う。

 

グリフィンの歩哨 4点

飛行クリーチャーの水増しに。

 

鼓舞する突撃 4点

飛行クリーチャーを並べられるなら採用。

 

鼓舞する隊長 5点

飛行クリーチャー、トークンと相性が良く、後半引いても仕事するのがいい。

 

勇壮の時 4点

相手がアグロデッキならこれをサイドインしてブロックでライフを稼ぐ使い方が出来る。

メインでは入れない。

 

ムーアランドの審問官 3点

2マナが足りてなければ。装備品と相性よい。

 

平和な心 7点

白をやるなら絶対欲しいコモン。

 

急報 5点

コモンに相性のいいカードが多いので2マナとしては優秀。

 

魂癒し人 3点

弱いよね?

 

兵団の隊長 6点

急報のような相性のいいカードもあるため非常に強く運用できそう。5マナ5/5で出せれば十分インパクトありますし、それ以上なら宇宙。

これで地上をガッチリ固める。

 

不動の哨兵 5点

相手のクリーチャーと相打ちをとりつつ、後続を強くするのは及第点。

飛行クリーチャーにカウンターを載せたい。

 

鋤引きの雄牛 3点

序盤の攻勢を止めるのには十分なので、コントロールよりのデッキなら優先して使う。

 

総評

除去も強く、飛行で攻める、横並び系で攻めることも出来るカラー。

除去も枚数取れるのでコントロール寄りの構築を目指すか、ビートダウンを目指すか。

 

ビートダウンを目指すなら何で勝つのか決めておかないと、めちゃくちゃなデッキに仕上がると思うので考えて構築したい。

攻めの方向性が見えてこないのであれば使わない選択を。

 

リミテッド
スポンサーリンク
シェアする
MTGブログ 終わりなき探求

コメント