マジックの世界観を学べるオススメ書籍【The Art of Magic: The Gathering: Concepts & Legends 】

コレクション

こんにちは。

ずっと気になっていたマジック関連の書籍を手に入れましたのでご紹介。

なんとマジック25周年を記念し発売されたMagic: The Gathering設定資料集です。

WEBでもマジックの物語は読めますが、書籍でマジックの世界とはキャラクターの設定とはという部分を知ることが出来ます。

本当に内容が良かったのでご紹介!

 

スポンサーリンク

【The Art of Magic: The Gathering: Concepts & Legends 】

内容は主に4つ。

  • 代表的な次元(PLANES)
  • マジックの種族
  • マジックのクリーチャー
  • マジックのキャラクター

 

内容のイメージが下記リンクから見れるのでぜひ。

実際にカードになっていないスケッチなども見れて資料という側面も強いですね。

マジックの代表的な次元

ここではマジックの代表的な次元について、その次元の雰囲気を伝える美麗なアートとともに紹介。

最近の次元はすべて紹介されていますね。

 

こうやって順番に見ていくと、マジックというゲームの中にたくさんの次元があることが分かります。魅力的です。

次元一つ一つが独自の世界観を持っており、見入ってしまいます。

 

種族について

古典的なファンタジーの種族だけでなく、マジック特有の種族についてもしっかり紹介。

スケッチが載っているので、イラストを描いている人はかなり諜報(重宝)しますね。

 

マジックをやっていると普通になっている種族たちも、実はマジックオリジナルのものが多いです。

マジックのクリーチャー

マジックの魅力はクリーチャーに詰まっている!

代表的なクリーチャーをタイプごとに紹介しております。

スケッチやイラストが全部カッコいい!

 

個人的にはハイドラのページが好きです。

 

マジックのキャラクター達

ここでは伝説のクリーチャーやプレインズウォーカーを紹介していました。

プレインズウォーカーのイラストが大サイズで見れるので、一番楽しいページです。

各プレインズウォーカーを紹介は控えめで、プレインズウォーカーとは何かみたいな紹介ですね。

 

昔のプレインズウォーカーにも触れられていて、最近のマジックを始めたひとにとっては新鮮だと思います。

 

※伝説のクリーチャーの名前だけが羅列されているのとは大違いで、プレインズウォーカーカッコいい!ウェザーライト乗りたい!という最高の構成でした。

なんと、原画プリントもついてくる

4枚(裏表)で8種類の原画プリントも付属。

もうこれだけで買ってよかったと思いました。額に入れて飾るとそれっぽくなります。

 

カードのサイズだと分からない細かい部分も見てて楽しいです。

ゲームも最高だけれども、世界観も楽しもう!

マジックはゲームも最高ですけれども、その世界観もどっぷりハマれます。

ゲームからマジックの世界が好きになっていくだけでなく、世界観からゲームを始めるプレイヤーも多いです。

 

これからマジックを知りたい方も、マジックをすでに遊んでいる方も楽しめる資料集なので良かったらぜひ。

 

過去にはマジックの各次元ごとのアートブックも紹介しております。

ドミナリアの世界を堪能しよう!MTGのアートブックが素敵。
こんにちは。 続々と素敵なカードとワクワクするストーリーですでに良セットの予感のドミナリア。 公式記事 ドミナリア ドミナリアは数々のマジックのストーリーの中心となった次元。 僕はインベイジョンブロッ...

こちらも素晴らしい出来ですので、好きな次元はマストバイです!

コメント