【RNAスタンダードデッキ紹介】青単ライブラリーアウト

スタンダード

こんにちは。新セットのプレリリースがオンラインとリアルで始まって新しいカードが使えるようになってきました。

新しいデッキが組みたいですね。

 

今回のセットで好きな人にはたまらないアーキタイプを強化するカードが追加されたのをご存知ですか?

今回は新しく組めるようになったこのデッキです。

 

青単ライブラリーアウト

creatures:4
4 《迷える思考の壁/Wall of Lost Thoughts》

spells:32
4 《選択/Opt》
4 《航路の作成/Chart a Course》
4 《水没した秘密/Drowned Secrets》
4 《スライム縛り/Slimebind》
4 《万全/Warrant》 // 《番人/Warden》
4 《心理腐食/Psychic Corrosion》
4 《思考崩壊/Thought Collapse》
2 《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
2 《悠長な再構築/Patient Rebuilding》

lands:24
24 《島/Island》

sideboard:15
4 《大嵐のジン/Tempest Djinn》
2 《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3 《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
2 《本質の散乱/Essence Scatter》
2 《否認/Negate》
1 《悠長な再構築/Patient Rebuilding》
1 《ボーラスの手中/In Bolas’s Clutches》

 

キーカードが揃ってる!!

今回のセットで大きくこの2枚がライブラリーアウトデッキに加入!

《迷える思考の壁/Wall of Lost Thoughts》

タフネス4の壁で殴られるだけの展開になりやすいこのデッキを強化し、4枚デッキを削ることも出来るナイスなカード。

今回は相手を削る為に入れていますが、自分のライブラリーを削る為に使うことも出来ます。

 

《思考崩壊/Thought Collapse》

ライブラリーを3枚削ることの出来るカウンター。派手さはないですが、相手の妨害をしつつライブラリーを削れるだけでいいですね。

 

ライブラリー破壊エンチャント

《水没した秘密/Drowned Secrets》

近年でも破格なライブラリー破壊エンチャント。青の呪文を唱えるたびにゴリゴリライブラリーを削ります。このデッキを青単にする理由です。

軽いドローでも誘発しますし、今回新規に追加したカードも注目です。

《スライム縛り/Slimebind》

相手のライブラリーを削るまで、クリーチャーを止めるに便利。

 

《万全/Warrant》 // 《番人/Warden》

万全で厄介なクリーチャーをデッキトップに戻して、ライブラリーから墓地に行ってもらいましょう。このデッキだと確定除去のようなもの。

ちなみに番人は使いません。殴っても勝つよりもライブラリーを狙おう。

 

まだまだあるキーカード

今環境、ライブラリーアウトを組め!!という意思を感じるくらいパーツが豪華。

《心理腐食/Psychic Corrosion》

ドロー呪文がたくさん入っているので毎ターン4から6枚くらい削ってくれるでしょう。複数出れば一瞬でライブラリーが一瞬で吹き飛びます。

 

《悠長な再構築/Patient Rebuilding》

息切れ防止にもなるライブラリーを削るエンチャント。コントロール相手にはこれ1枚で勝負が決まるくらい強力。先述の《心理腐食/Psychic Corrosion》との相性も抜群。

 

安価に組める楽しいデッキ!

トーナメント級ではないかもしれないですが、バーンのような早いデッキでなければいい勝負が出来るデッキです。

安価で組むことができるので、FNMなんかに持ち込むのにお勧めです。

ライブラリーアウトは楽しいので変わったデッキが組みたい初心者の方はぜひ。

ライフを狙うのではなく、ライブラリーアウトで勝つのはいつでも心惹かれますね。

コメント

  1. 匿名 より:

    心理の円とかの採用はいかがですか?