旧枠モダンデッキ紹介!【白緑エンチャントレス】

旧枠モダン

こんにちは。魅力的なカードがたくさんでデッキ構築欲が尽きない旧枠モダン。

 

旧枠モダンとは?(古参プレイヤーはやらずにいられない!)
こんにちは。 僕はインベイジョンぐらいからマジックに触れ始めました。 だから最初に遊んでいたカードは旧枠。 他の国産のTCGとは違うエキゾチックな感じがたまらなかったです。 そのあと第8版からマジック...

 

本日はエンチャントでコントロールするこのデッキをご紹介。

白緑エンチャントレス

creatures:11
4 《オーラ術師/Auramancer》
3 《ヴェクの聖騎士/Paladin en-Vec》
4 《新緑の女魔術師/Verduran Enchantress》

spells:27
4 《魂の絆/Spirit Link》
4 《肥沃な大地/Fertile Ground》
4 《根囲い/Mulch》
1 《沈黙のオーラ/Aura of Silence》
3 《はびこり/Overgrowth》
4 《最下層民/Pariah》
2 《聖なるメサ/Sacred Mesa》
3 《オームの頭蓋骨/Skull of Orm》
2 《象牙の仮面/Ivory Mask》

lands:22
4 《低木林地/Brushland》
3 《エルフェイムの宮殿/Elfhame Palace》
5 《森/Forest》
3 《平地/Plains》
3 《反射池/Reflecting Pool》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

sideboard:15
1 《ヴェクの聖騎士/Paladin en-Vec》
3 《秘教の処罰者/Mystic Enforcer》
3 《運命の回避/Avoid Fate》
3 《石臼/Millstone》
1 《天啓の光/Ray of Revelation》
2 《沈黙のオーラ/Aura of Silence》
2 《破裂の王笏/Disrupting Scepter》

どんなデッキ?

白いエンチャントを軸に負けない盤面を作るコントロールデッキです。

 

旧枠モダン唯一のエンチャントレスを採用し、エンチャントでアドも稼いでいきます。

《新緑の女魔術師/Verduran Enchantress》

 

《最下層民/Pariah》は旧枠モダン最大の妨害

クリーチャーで攻めるデッキ全般は使われると非常に嫌なカード。攻め手を削がれつつ、ダメージを与えることが出来なくなってしまいます。

 

《ヴェクの聖騎士/Paladin en-Vec》にエンチャントすれば赤単色デッキは完全に勝ち筋がなくなります。

 

《魂の絆/Spirit Link》も相手のクリーチャーを1マナで無効化できます。テンポよく相手のクリーチャーを止めていきます。

 

エンチャントを回収してロックしよう!

《オーラ術師/Auramancer》で欲しいエンチャントを適宜回収。

 

《オームの頭蓋骨/Skull of Orm》は少し重たいですが、継続的にエンチャントを回収できます。このカードで《最下層民/Pariah》を使いまわす展開になればクリーチャーで勝負を決めるのは難しくなるでしょう。

 

最後に《象牙の仮面/Ivory Mask》を場に出せば相手はお手上げ!

 

マナ加速エンチャントでマナを伸ばそう!

これら2枚を使ってマナをどんどん伸ばします。

 

《根囲い/Mulch》も採用して土地を安定して伸ばしつつ、墓地に回収するエンチャントを落としていきます。

 

《聖なるメサ/Sacred Mesa》にマナを注いで勝とう!

旧枠モダンで現状一番警戒されているエンチャント。コントロールのフィニッシャーとして対処し辛く、どんどんと盤面をペガサストークンだらけにして勝負を決めます。

相手をエンチャントでコントロールしたら、フィニッシュもこのエンチャントで。

 

何かのトラブルでこのカードが墓地に落ちても、粘り強く回収すればゲームを終わらせることが出来るでしょう。

 

旧枠モダンで置物がいかに強いか理解できるデッキ

旧枠モダンは置物(エンチャント・アーティファクト)が非常に強力なラインナップです。

このデッキでは旧枠モダンの強いエンチャントたちをたくさん採用しております。

対策の薄いアグロでは簡単に勝つことは出来ないでしょう。

 

今後こういったエンチャントを使ったデッキが旧枠モダンの中で強力なデッキとして認識されていくことが予想されます。

旧枠モダン
スポンサーリンク
シェアする
MTGブログ 終わりなき探求

コメント