MTGアリーナの新構築フォーマットに備えよう!【破滅の刻編】

アリーナ

こんにちは。

この記事をご覧になった方はアリーナの新フォーマットって何だ?

と思ったかと思います。

まだ公式には始まっておりませんが、アリーナで確実に制定される予定のフォーマットがあります。

 

それはアリーナで最初に実装されたカラデシュブロックからのローテーションなしのフォーマットです。

公式のソースはコチラ

 

前のローテーションで落ちてしまいスタンダードでは使えなくなってしまいましたが、アリーナはカラデシュが最初のエキスパンション。

これ以降のカードを使ったフォーマットが今後のデジタルシーンで競技フォーマットとして採用され、リアルでもモダンやレガシーと並ぶフォーマットになることが予想されます。

スポンサーリンク

今のうちに新フォーマットのカードを集めよう!

人気になることが分かっているなら、スタン落ちして価格が全盛期よりかなり安くなっている今の内に気になるカードは集めておきましょう。

 

あのスタンで暴れたパワーカードも今だと数百円で買えることも。

今が底値なはずなので買いですね。

 

破滅の刻注目カード

《機知の勇者/Champion of Wits》

リアニメイト戦略と相性の良いカード。後半に4/4を出しつつドローする動きも強いので活躍しそうです。

 

《敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist》

クロックパーミッションデッキで採用が検討できます。クロックとして優秀なだけでなく、サイクリング時の能力が刺さると強烈。

 

《バントゥ最後の算段/Bontu’s Last Reckoning》

3マナの全体破壊。高速アグロに対抗する切り札にもなりますし、もしかしたら自軍を犠牲にしてコンボするデッキも考えられますね。

 

《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》

赤の黄金時代を支えたカード。赤の高速デッキのパーツとして優秀ですので買っておきたいです。

 

《破滅の刻/Hour of Devastation》

プレインズウォーカーや破壊不能のクリーチャーも除去できる全体火力。除去として優秀ですし、ファッティをフィニッシャーにしておけば気にせず打てるのも強い。

 

《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》

世界のるつぼ内蔵のクリーチャー。世界のるつぼも使用できるので、同じ効果のカードが8枚あればデッキが組めるかもしれません。

 

《王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaoh》

強力なボーラスも今や数百円に。色が合えば強力なフィニッシャーとして使えそうですね。

 

《スカラベの神/The Scarab God》

スタン落ちするまでパワーカードとして君臨した神。いまや1,000円以下で買えるのですが、新フォーマットでも存在感を取り戻して再びフォーマットのトップレアになるかもしれません。

流通量もそこまで多くない神話レアなので買っておくべき。

 

《王神の贈り物/God-Pharaoh’s Gift》

墓地に落としてリアニメイトしてくるデッキがありましたね。能力は非常に強力で使えるクリーチャーが多くなればなるほど強くなるので、アーキタイプの軸として活躍すると思います。

 

《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》

墓地対策になる土地。墓地利用のデッキも一定数出てきそうなので採用するデッキも多いかも。

 

スカラベの神が再び活躍するのか?

破滅の刻の注目カードはスカラベの神です。極端に早い環境にならずミッドレンジデッキが活躍できるのであれば、環境を定義するフィニッシャーになること間違いなし。

そうなれば今の価格では買えないので、本格的なフォーマットの競技化が始まる前に絶対買いましょう。

コメント