MTGアリーナの新構築フォーマットに備えよう!【アモンケット編】

アリーナ

こんにちは。

この記事をご覧になった方はアリーナの新フォーマットって何だ?

と思ったかと思います。

まだ公式には始まっておりませんが、アリーナで確実に制定される予定のフォーマットがあります。

 

それはアリーナで最初に実装されたカラデシュブロックからのローテーションなしのフォーマットです。

公式のソースはコチラ

 

前のローテーションで落ちてしまいスタンダードでは使えなくなってしまいましたが、アリーナはカラデシュが最初のエキスパンション。

これ以降のカードを使ったフォーマットが今後のデジタルシーンで競技フォーマットとして採用され、リアルでもモダンやレガシーと並ぶフォーマットになることが予想されます。

今のうちに新フォーマットのカードを集めよう!

人気になることが分かっているなら、スタン落ちして価格が全盛期よりかなり安くなっている今の内に気になるカードは集めておきましょう。

 

あのスタンで暴れたパワーカードも今だと数百円で買えることも。

今が底値なはずなので買いですね。

 

アモンケット注目カード

《副陽の接近/Approach of the Second Sun》

コントロールのフィニッシャーになるカード。シミックのカードでマナを伸ばすバントコントロールを組んでみたいですね。

 

《試練に臨むギデオン/Gideon of the Trials》

3マナのプレインズウォーカーは強い。守りにも攻めにも出れるコントロールのグッドスタッフとして。

 

《選定された行進/Anointed Procession》

トークンを出すことの出来るカードはどんどん増えていきます。

トークンデッキも検討してみたい。

 

《ドレイクの安息地/Drake Haven》

サイクリングデッキを組めるのか。十分強いカードなので使えるかも。

 

《明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow》

強力なXドロー。コントロールに1枚差しで使われると思います。

 

《暗記+記憶/Commit+Memory》

4マナながらどんなパーマネントにも対処できるカード。

 

《戦慄の放浪者/Dread Wanderer》

ゾンビデッキの1マナ域。ゾンビは部族デッキとしてカードが揃ってますね。

 

《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》

リアニメイトデッキやビッグマナ的なデッキに入れて使ってみたいリリアナ。

 

《疫病吹き/Plague Belcher》

ゾンビデッキの3マナ域。1マナのゾンビにカウンターを置けば一気にゲームを終わらせそう。

使ってみたい。

 

《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》

赤の黄金時代を作った神!モダンでも使われますね。もちろん新フォーマットでも活躍するでしょう。

 

《栄光をもたらすもの/Glorybringer》

タフネス4の弾けるドレイク等が環境に多いとサイドボードから使うことがありそう。

M19のサルカンから出す5マナとしてベストカードかも。

 

《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》

パワー4以上なんて緑だと簡単に達成できますね。緑単のビートダウンを成立させるカード。

 

自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements

カードプールが増えることで、このカードを強く使う構築が出来そうです。

替えの効かないカードだと思うので使いたいなら買っておこう!

 

神2種類は絶対使われる!

赤と緑の神はパワーカードなので両方とも戦略に合えば採用されます。

ハゾレトはかなり価格が落ち着いているので勝っておいて損はなさそう。

 

他にも色んなデッキのキーカードとなりそうなカードが多くて集めておいた方がいいカードがたくさん。

デッキが組みたくなるいいセットでしたね。新フォーマットでも活躍間違いなし。

コメント