MTGアリーナの新構築フォーマットに備えよう!【霊気紛争編】

アリーナ

こんにちは。

この記事をご覧になった方はアリーナの新フォーマットって何だ?

と思ったかと思います。

まだ公式には始まっておりませんが、アリーナで確実に制定される予定のフォーマットがあります。

 

それはアリーナで最初に実装されたカラデシュブロックからのローテーションなしのフォーマットです。

公式のソースはコチラ

 

前のローテーションで落ちてしまいスタンダードでは使えなくなってしまいましたが、アリーナはカラデシュが最初のエキスパンション。

これ以降のカードを使ったフォーマットが今後のデジタルシーンで競技フォーマットとして採用され、リアルでもモダンやレガシーと並ぶフォーマットになることが予想されます。

スポンサーリンク

今のうちに新フォーマットのカードを集めよう!

人気になることが分かっているなら、スタン落ちして価格が全盛期よりかなり安くなっている今の内に気になるカードは集めておきましょう。

 

あのスタンで暴れたパワーカードも今だと数百円で買えることも。

今が底値なはずなので買いですね。

 

霊気紛争注目カード

《致命的な一押し/Fatal Push》

フェッチランドがないので使いずらいですが、1マナとしては十分強い除去。

 

《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》

ゴブリンの電術師もラヴニカにいるのでモダンのストームのようなデッキが組めるかもしれません。

普通にパーミッションデッキのキーカードとしても使えそうですね。

 

《不許可/Disallow》

色々とカウンター出来て便利。環境の基本カウンターとして使えるかと思います。

 

《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》

黒のエネルギーデッキの軸となったカード。カードパワーは高いのでエネルギーデッキでは使われるでしょう。

 

《不死の援護者、ヤヘンニ/Yahenni, Undying Partisan》

マナのいらないサクリ台として採用できるデッキがあるかもしれません。

相性のいいカードも多く出てきているのでアリストクラッツ組んでみたいですね。

 

《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》

+1/1カウンターシナジーがあるデッキならマナ加速として採用できそうです。

 

《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》

サイズとライフ回復能力が優秀な機体。サイドボードとして優秀。

 

《キランの真意号/Heart of Kiran》

機体デッキのキーカード。一時はかなりの金額でしたがチャレンジャーデッキに収録されめちゃくちゃ安く手に入ります。

 

《金属ミミック/Metallic Mimic》

部族デッキのロードの水増しとして。+1/1+カウンターなのでマーフォークと相性がいいですね。

 

機体は集めよう!

特にキランはカードパワーのわりに格安なので絶対に買っておくべきですね。

あと絶対に使われる致命的な一押しもアンコモンとしてはすでに高いですが、もっと新フォーマットの制定で値上がりがありそうです。

一時と比べると格安のカードばかりなので使ってみたいカードは買っておきたい!

コメント