【アルティメットマスターズ】コモン落ちカード全解説

pauper

こんにちは。

定番になってまいりましたマスターズでのコモン落ち。

次々と気になるカードがpauperの新戦力となっております。

 

全て紹介していこうと思います。

果たしてメタを動かすカードはあるのか?

【アルティメットマスターズ】コモン落ち

蓮眼の神秘家

4マナと重いですが、エンチャントを回収しつつ戦力になるのはいいですね。

攻めるデッキだとオーラ術師と入れ替えることが出来ると思います。

 

マンモスの陰影

さすがに重たい。踏み倒してエンチャントできれば使えるのですが。

 

蘇生

pauperに始めてシンプルなリアニメイト呪文が加入。

白という色が墓地利用に向いておらず、構築で使うのは苦労しそう。

 

空槍の騎兵

さすがに5マナの除去体制のないクリーチャーは使いずらい。

 

テツモスの大神官

白には戻したいウィニークリーチャーがたくさんいます。アドをとれるスレイベンの検査官や英雄的と相性のいいコモン落ちの先輩道の探究者もあります。

一時期白単英雄的というデッキが流行りましたが、このカードを軸に対応力の高いデッキを組めそうです。

戻すクリーチャーは白でなくてもよいので、赤い速攻クリーチャーを戻してコンバットトリックと共に攻め込むのもいいですね。

強烈なシナジーを生むカードもありそうなのでいろんな色の組み合わせを試したいです。

 

放浪する勇者

2マナ3/1にちょっとしたおまけがついています。共鳴者としては悪くない能力ですので、マッドネスカードと組み合わせて使い方を検討してみたいです。

 

撃退

青唯一のコモン落ちですが、ピッチスペルと派手ですね。

素打ちも出来ますが、コントロールが使うカードではなくコンボデッキが使うカード。

pauperの【不屈の部族コンボ】デッキについて
こんにちは。 公式に先を越されてしまいましたが、僕も少しだけ回していました。(岩showさんが書く文章はいつも巧くて大好きです) インサイドアウト! 僕が回していじってみたリストはコチラ。 4 《不屈...

このデッキが好きで、それなりに回していたのですが2枚くらいは目くらましを抜いて採用してみたいですね。

このカードを含め、3枚を失うので不屈の部族の打点が足りなくなりそうですが、噴出と組み合わせれば問題なし。

特筆すべきはキルターンの加速で、今までは相手の介入をカウンターするために堂々巡りを打つ為の1マナをコンボの段階で残す必要があったのですが、撃退があればその必要はありません。

今後3ターンキル率が上がり、ますます注目のデッキになると思います。

 

神聖を汚す者のうめき

パワフルな呪文が加入。黒のタップアウト気味のコントロールが4ターン目に使うカードとしては悪くないです。

ゾンビが出ることを活かせれば、面白いデッキが組めそうです。

 

屑嗅ぎ鼻

あまり使い方が分からないカード。サイドとしては地味ですし、メインに使うにはカードパワーが足りない。

 

貧民街の刈り取るもの

サクリ系のデッキで使うのがよさそうです。クロックとしてもパワーが高く、地味ですが活躍させられそうな1枚。

 

闘技場の競技者

赤単の高速英雄的デッキを強化する1枚。もともと強いアーキタイプだったのでメタ次第では勝てるデッキに仕上がるかも。

 

溶鉄の誕生

pauperだと機会に恵まれないコイン投げが出来るカード。強くはなさそうですが、使ってみたいですね。

 

無謀なるワーム

尊大なワームと組み合わせて8ワームが可能!赤の方が共鳴者が多く、こちらを優先したデッキも現れてきそうです。

 

火花吐き

マッドネスと一緒に使ってくれと言わんばかりの能力。

マッドネスのアグロ戦略を支えつつ、エンジンにもなるのは素晴らしい。3マナですが採用の余地はあると思います。

 

土地守

pauperだとマナを払うだけでカードが増えることが珍しい。シナジー出来るカードは多いので使いたくなる便利なカードです。

 

真似るスライム

面白いカードですね。3マナで5/5くらいがコピーできれば優秀でしょうか。

一時的にパワーを上げることのできるカードと組み合わせれば、爆発力高し。

グルールカラーのアグロデッキが楽しくなりそうな予感。

 

多色

腐れる嫌悪者

正直なところかなり弱いと思います。マナ加速からキャストするにしても価値がないと思いますし、後半は最悪です。

pauperはコントロールもクリーチャーを採用しているのでさらに使い辛い。

 

ディミーアのギルド魔道士

pauperでは珍しい、マナを払えばドローが出来る生物。コントロールデッキが使うには十分なスペックで、序盤さえ凌げればこのカード1枚で勝てます。

pauperだとマナ加速はそこまで強い戦略ではないのですが、このカードを組み合わせればマナを伸ばすことのバリューも出てくるのではないでしょうか。

マナコストが2なので墓地からの復活しやすいのもいいですね。

 

火+氷

アンコモンとしても強いカードがまさかのコモン落ち。

Pauperにおける【青赤ゲーム】について
こんにちは。 本日はpauperというフォーマットの前提として書きたいことがあります。 pauperで存在感のある2色です。 pauperにおける青と赤 この2色はpauper界で特別な存在です。 理由としては...

こんな記事も書いた通り、pauperで赤と青という色はトップを争う色です。

イゼットカラーのデッキを強化するカードが追加された影響は大きいです。

 

デルバーやエルフなどタフネス1に頼ったデッキに対して有効なだけでなく、火力が効き辛いデッキにもテンポを稼ぐことが出来るので悪くありません。

こんな万能カードがコモンで使えるのは驚きです。

このカードの影響でどこまでデルバーデッキが減るのか今後要注目です。

無色

終わりなき休息の器

墓地対策になりつつ、無限ブリンクでライブラリーアウトも防げます。

わざわざ採用するまではいかないと思いますが、もしかしたらデッキを引き切るコンボで使うことがあるかも。

 

個人的に要注目なのはこのカード!

テツモスの大神官

このカードはおそらくメタを変えるくらい強いデッキを生み出すと思います。

どのカラーでデッキを組もうか考え中です。

赤や黒と相性がいいのでどちらかの色は使うかなというところです。自らサクッて能力を発揮できるクリーチャーとも相性抜群。

 

低マナ域を中心にした粘り強いクリーチャーデッキが組めるのは間違いないです。しかもカウンターにも強いので、デルバー系には間違いなく強いです。

まさにpauper向けの能力、色んなバージョンのデッキを生み出してくれそうですね。

pauper
スポンサーリンク
シェアする
MTGブログ 終わりなき探求

コメント