【GRNスタンダードデッキ紹介】青黒(ディミーア)諜報コントロール

スタンダード

こんにちは。

みなさん、スタンダード遊んでいますか?
ちょっとずつメタも固まってきて、有力なゴルガリデッキや白ウィニー等の仮想敵も分かってきました
となると、使ってみたいのはコントロール。
本日紹介するのは古典的な青黒(ディミーア)のコントロールデッキ。
除去とドローでじわじわと相手との差を広げて、カウンターでシャットダウンするコントロールの定番です。

青黒(ディミーア)諜報コントロール

creatures:3
3 《血の刺客/Blood Operative》

spells:32
3 《喪心/Cast Down》
1 《本質の散乱/Essence Scatter》
2 《任務説明/Mission Briefing》
1 《渇望の時/Moment of Craving》
1 《否認/Negate》
4 《思考消去/Thought Erasure》
2 《虚報活動/Disinformation Campaign》
4 《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》
4 《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
2 《名声の代価/Price of Fame》
2 《煤の儀式/Ritual of Soot》
4 《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
2 《最古再誕/The Eldest Reborn》

lands:25
3 《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》 (a)
4 《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
7 《島/Island》
7 《沼/Swamp》
4 《湿った墓/Watery Grave》

sideboard:15
2 《人質取り/Hostage Taker》
1 《死の重み/Dead Weight》
2 《強迫/Duress》
1 《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2 《渇望の時/Moment of Craving》
2 《否認/Negate》
2 《黄金の死/Golden Demise》
2 《漂流自我/Unmoored Ego》
1 《煤の儀式/Ritual of Soot》

 

どんなデッキ?

青い優良なドローと黒い除去で相手をコントロール!

ドロー

《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》はこれからの定番となる超強いドローカード。
再活で2度使えば、不要カードを1枚捨てて4枚もドローすることが出来ます。インスタントなので隙なく打てて、アドも大きく取れるので優秀です。
いままでスタンダード環境にあった中でも強い部類なので、今環境のコントロールは組みやすいですね。

除去

《喪心/Cast Down》は伝説のクリーチャー以外なんでも除去できる2マナ除去。序盤に対処したいのは非伝説クリーチャーなので使いやすいですね
《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》は前環境でも頼りになった万能除去。プレインズウォーカーに触りにくいコントロールには必須です。
墓地から戻ってくるクリーチャーなんかもいる中で追放除去なのがさらにいい!ライフも2点ついてくるのでコントロールでいつ使っても嬉しいカードです。もちろん4枚採用!
今回の黒は《煤の儀式/Ritual of Soot》という便利な全体除去を手に入れました。ゴルガリや白ウィニーの主戦力は3マナ以下。まとめて除去して更地にしてしまえばこちらのペースです。

諜報を軸に差を広げる!

ラヴニカのギルドで登場した諜報
墓地にカードを落とすことのできる占術の上位互換とも言える強い能力。
このデッキのキーパーツの多くに諜報がついており安定した動きを作り出します。
2マナで土地以外なんでも抜けちゃう《思考消去/Thought Erasure》にも諜報!
3マナカウンター《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》にも諜報!
どんなクリーチャーも対処できる《名声の代価/Price of Fame》も諜報!
《喪心/Cast Down》と合わさって除去として隙がありません。

そして諜報するといいことが、、

《虚報活動/Disinformation Campaign》は諜報するたびに再利用できるエンチャント。3マナとしては地味な能力ですが、何度も使えば相手の手札はゼロなのにこちらはたくさんという状況を作り出します。
《血の刺客/Blood Operative》は諜報の度に3点払うことで墓地から手札に。
このデッキのフィニッシャーです。
ライフリンク能力がいやらしく、最初に3点払っても元が取れるくらいライフを回復しつつ、3点クロックで相手のライフを追い詰めます。
これに除去を打たれても簡単に帰ってくるので、最強の除去耐性を持っているとも言えます。
また、場に出た時に相手の墓地を1枚追放できるので、回収されると嫌なカードや再活カードを対処できるのも活躍ポイント。

相手のフィニッシャーを奪ってしまおう。

青黒は緑黒や青白のようにプレインズウォーカーに恵まれた色ではありません。
けれども
《最古再誕/The Eldest Reborn》を使えば相手のプレインズウォーカーやクリーチャーを対処出来て、それを奪って自分の戦場に戻せます。
青黒らしくイジワルな勝ち方ですね。

これぞディミーア。手堅くじわじわコントロールしよう!

スタンダードのコントロールは序盤守って、強いプレインズウォーカーで勝つというパターンがほとんどですがこのデッキは派手なカードを使わずコツコツとコントロール。

じわりじわりとゲームを詰めていきます。

簡単に勝てない分だけ頭を使いますが、そこが魅力で面白い。

高額なカードが《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》くらいなので、コントロールを遊んでみたい初心者の方にもオススメ。

コントロールの楽しさが詰まったデッキなのでぜひ回してみてください。

コメント