旧枠モダンデッキ紹介!【アネックス・ワイルドファイア】

旧枠モダン

こんにちは。

最近ハマっているマイナーフォーマット旧枠モダン

旧枠モダンとは?(古参プレイヤーはやらずにいられない!)
こんにちは。 僕はインベイジョンぐらいからマジックに触れ始めました。 だから最初に遊んでいたカードは旧枠。 他の国産のTCGとは違うエキゾチックな感じがたまらなかったです。 そのあと第8版からマジック...

 

今回は環境で人気のあるカッコいいコンボデッキです。

 

アネックス・ワイルドファイア

creatures:2
1 《シヴ山のドラゴン/Shivan Dragon》
1 《シヴのヘルカイト/Shivan Hellkite》

spells:34
3 《ブーメラン/Boomerang》
4 《友なる石/Fellwar Stone》
4 《マナ漏出/Mana Leak》
4 《精神石/Mind Stone》
3 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2 《石の雨/Stone Rain》
4 《併合/Annex》
2 《連絡/Tidings》
2 《押収/Confiscate》
2 《ドラゴンの休息地/Dragon Roost》
4 《燎原の火/Wildfire》

lands:24
10 《島/Island》
8 《山/Mountain》
2 《反射池/Reflecting Pool》
4 《シヴの浅瀬/Shivan Reef》

sideboard:15
1 《情け知らずのエロン/Eron the Relentless》
2 《無効/Annul》
3 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《オーラの移植/Aura Graft》
1 《ブーメラン/Boomerang》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2 《雲散霧消/Dissipate》
1 《冬眠/Hibernation》
2 《野火/Flashfires》

 

どんなデッキ?

序盤は《友なる石/Fellwar Stone》のようなマナ加速アーティファクトで相手よりも早くたくさんマナが出るようにします。

 

さらに《併合/Annex》で相手の土地を奪って、マナ差を広げていきます。

 

そして相手はまだ4つほどしか土地を置けていないのに対して、こちらはたくさんマナがある状態をつくって、、

《燎原の火/Wildfire》を打って相手の場を土地も含めてすべて破壊。

こちらも被害を受けますが、マナアーティファクトや奪った土地で何マナも相手よりマナがたくさんあるので、立て直しは一瞬。

 

土地を破壊されて動きが取れなくなった相手にフィニッシャーを叩き付けて勝利しよう!

 

相手の土地展開を邪魔するカード達

先ほどの《併合/Annex》だけでなく

《石の雨/Stone Rain》3マナの土地破壊でテンポよく土地を破壊。

 

《ブーメラン/Boomerang》も土地を手札に戻して展開を遅らせます。

 

フィニッシュはドラゴンたち!!!

《ドラゴンの休息地/Dragon Roost》は場持ちのいいフィニッシャー。マナがたくさん用意できるこのデッキだと毎ターンドラゴンを生み出して簡単に勝利できます。

 

《シヴのヘルカイト/Shivan Hellkite》は対クリーチャーデッキに最適。火力を飛ばして相手の反撃の芽をつぶします。

 

ドラゴンといえばこのカード《シヴ山のドラゴン/Shivan Dragon》

最近だと構築で活躍出来ていないですが、このデッキだと立派なフィニッシャー。

《燎原の火/Wildfire》を打っても倒されず、場が空になった相手を素早く殴り切ります。

 

旧枠モダンでドラゴンを使うならこのデッキ!!

豪快なコンボもある中で、フィニッシャーにドラゴンを据えているのが魅力の旧枠モダンのデッキです。

《シヴ山のドラゴン/Shivan Dragon》をフィニッシャーにできるデッキって素敵じゃないですか?

このカードを思う存分使えるフォーマット、旧枠モダンアネックス・ワイルドファイアを組んでみませんか?

旧枠モダン
スポンサーリンク
シェアする
MTGブログ 終わりなき探求

コメント