pauper部族デッキ紹介『黒単傭兵』

pauper

こんにちは。今月は部族強化月間です。

 

本日ご紹介するのはマイナー部族「傭兵」

コモンだと20種類くらいしかないんですよね。たくさんいそうな名前なんですが。

 

黒単傭兵

creatures:22
4 《塁壁を這うもの/Rampart Crawler》
1 《ショークーの工作員/Agent of Shauku》
4 《カテラン組合の説得者/Cateran Persuader》
1 《ゴブリンの裏切り者/Goblin Turncoat》
1 《奇形の悪鬼/Misshapen Fiend》
1 《沼の滑空者/Bog Glider》
2 《カテラン組合の粗暴者/Cateran Brute》
4 《ラースの威嚇者/Rathi Intimidator》
4 《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》

spells:15
2 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《悲劇的な過ち/Tragic Slip》
4 《チェイナーの布告/Chainer’s Edict》
2 《夜の犠牲/Victim of Night》
2 《Oubliette》
3 《堕落の触手/Tendrils of Corruption》
1 《堕落/Corrupt》

lands:23
2 《やせた原野/Barren Moor》
21 《沼/Swamp》

sideboard:15
3 《クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches》
2 《死の重み/Dead Weight》
4 《強迫/Duress》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《減縮/Shrivel》
3 《押し寄せる砂/Choking Sands》
1 《墓所への乱入/Crypt Incursion》

 

どんなデッキ?

《沼の滑空者/Bog Glider》は自身のスペックこそ低いですが、マナを払って同じく「傭兵」クリーチャーをデッキから出すことができます。

自身のマナコストより一つ少ない「傭兵」をマナさえ払えば毎ターン場に追加!

どんどん場を「傭兵」だらけにしてしまいます。

 

《ラースの威嚇者/Rathi Intimidator》「傭兵」を呼べますし自身も回避能力持ちで殴れるのでグッド!

 

上記の3マナの「傭兵」から

《カテラン組合の説得者/Cateran Persuader》が出てきます。こいつは

 

コイツを読んできて

簡単に場が「傭兵」で埋まっていく!!!

 

フィニッシュは定番!

場が傭兵だらけになったら、《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》を出す。

地味に「傭兵」はダブルシンボルのクリーチャーが多いので大ダメージを与えることができますよ!

 

脇を固める優秀な除去

「傭兵」を強く使うためにはロングゲームを目指すのがいいです。

 

pauperの黒単ミッドレンジについて

 

すでに実績のある上記のデッキのように優秀な除去をたくさん入れています。

この高額カードも採用して、信心カウントを稼ぎます!

 

傭兵カッコいい!!

正直なところ、そこまで強いデッキではないですがカッコいいだけで十分なんです。

ただ、しっかりと除去を積んで「傭兵」の能力も回り始めると止まらないので十分カジュアルデッキとしては戦えますよ!

 

ブン回ったらデッキの「傭兵」が大集合して、アスフォデルが大爆発します!!

黒くてカッコいいクリーチャーがたくさん並べてみませんか?

コメント