pauperの青黒アルケミーについて 青黒③

こんにちは、いつかpauperのGPを開きたいsugarlessです。

 

本日は長々と調整中のpauperの青黒デッキについてです。

 

本日ご紹介するのはコチラ。

creatures:8
3 《海門の神官/Sea Gate Oracle
2 《熟考漂い/Mulldrifter》
3 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》

spells:29
1 《死の重み/Dead Weight》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《悲劇的な過ち/Tragic Slip》
3 《チェイナーの布告/Chainer’s Edict》
4 《対抗呪文/Counterspell》
2 《肉貪り/Devour Flesh》
1 《破滅の刃/Doom Blade》
1 《残響する衰微/Echoing Decay》
2 《本質の散乱/Essence Scatter》
1 《禁制/Prohibit》
4 《熟慮/Think Twice》
3 《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》
1 《調査/Probe》
2 《魂の操作/Soul Manipulation》
1 《エヴィンカーの正義/Evincar’s Justice》

lands:23
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
4 《ディミーアの水路/Dimir Aqueduct》
4 《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
1 《進化する未開地/Evolving Wilds》
7 《島/Island》
3 《光輝の泉/Radiant Fountain》
3 《沼/Swamp》

sideboard:15
2 《嵐縛りの霊/Stormbound Geist》
2 《払拭/Dispel》
3 《水流破/Hydroblast》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《残響する衰微/Echoing Decay》
3 《吐き気/Nausea》
2 《綿密な分析/Deep Analysis》
1 《エヴィンカーの正義/Evincar’s Justice》

 

青黒アルケミーとは

この命名も自分だとは思うのですが、《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》を軸としてアドバンテージを稼いでいくコントロールデッキです。

f:id:kousuketakagimail241:20170318191037j:plain

 《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》に似たカードで「衝動」がありますが、

f:id:kousuketakagimail241:20170318191201j:plain

似て非なるものです。

「衝動」のほうがマナも軽く強そうだと思うかもしれませんが、4枚の内選ばなかったカードが墓地に落ちるということが大きなアドバンテージをもたらします。

 

各種フラッシュバック呪文は墓地から唱えることができるので、墓地に落ちるだけで手札に入るようなものですし、《魂の操作/Soul Manipulation》で墓地のクリーチャーを回収することもできます。

《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》もこのデッキにマッチしており、墓地に落ちたカードをコストにして、テンポよくキャストできます。

 

コントロール力が高い

前回の青黒フリッカーとは違い、コントロールデッキと呼んでいい構造です。相手のアクションに対してカウンター、ドローを打っていきます。

序盤は、除去とカウンターでしのぎ、相手のアクションがなければ《熟慮/Think Twice》でドロー。

中盤は《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》でアドを稼ぎつつ、目的のカードへ。

後半は《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》をキャストしてカウンターを構えつつフィニッシュします。仮に《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》がやられても《魂の操作/Soul Manipulation》でしぶとく回収していきます。

このデッキが使う《熟慮/Think Twice》は本当に強く、好きなくドローもできアドを稼ぎ、《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》で墓地に落ちてもアドを稼ぎ必須カードです。

 

《魂の操作/Soul Manipulation》はpauperのコラコマ、青命令

f:id:kousuketakagimail241:20170318193628j:plain

 

クリーチャーを使わないデッキがpauperにはほぼないので腐りにくく、勝ち筋となるクリーチャーを回収して後半に繋げます。

おそらく、このデッキが一番このカードを強く使えるはずであり、強く使えることがこのデッキの底力になっています。

似たカードに「除外」がありますが

f:id:kousuketakagimail241:20170318194133j:plain

 「除外」はリアクションカードなので、相手が動かないと使えないというデメリットがあります。また、カードを引いたからといって後半戦では勝利に近づくこともありません。

その点《魂の操作/Soul Manipulation》はクリーチャーを回収できれば勝利に近づくというときに、能動的に打っていくことができるので、後半でも強いカードとなります。

 

「肉貪り」というナイス小回りカード

f:id:kousuketakagimail241:20170318230953j:plain

このカードが実よくできていて、対バーンでの勝利の可能性をもたらします。

自身に打つことで、ライフを回復し、死んだクリーチャーを「魂の操作」で回収という動きができます。対バーンでは除去が腐りやすいのですが、このカードは有効活用できます。

もちろん、他のデッキにはデメリットのない布告の方がいいのですが、バーンに勝てるというメリットを考えれば採用は頷けます。

 

青黒フリッカーに強い

こちらの方がコントロール力があるので、微有利ぐらいはあるかと思います。相手のクリーチャーをカウンターできるカードも多く、隙なくアドを取る手段もある為、楽に戦えます。

《幽霊のゆらめき/Ghostly Flicker》を全力で邪魔するのを心掛けましょう。

 

 

勝率としては青黒フリッカーよりもいいですし、相手のアクションに合わせて動きやすいので使っていて気持ちは楽です。

ただ、青黒フリッカーとは違ってコンボがないので、対トロンなどでは厳しい戦いになりますが、他のアグロにはすこし楽に戦えるような印象です。

もう少し回してみます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    「肉貪り」の誤植について触れておいたほうが丁寧かと思います。

  2. kousuketakagimail241 より:

    ご指摘ありがとうございます。
    全く気付いていませんでした。
    英語版カードに差し替えました。
    今後ともよろしくお願い致します。

  3. もち より:

    記事拝見させていただきました。
    自分も青黒アルケミーを使っているので、大変参考になります。
    そこでお聞きしたいのですが、【定業】を採用していないのはなぜでしょうか。

  4. kousuketakagimail241 より:

    コメントありがとうございます。
    確かに定業はとってもいいかもしれません。
    ただ、このデッキだと落ちてしまっても強い熟慮が入っているので、必要性を感じません。
    デッキの動きとして1ターン目、タップイン。2ターン目、カウンターか除去を構えつつ、何も動きがなければ熟慮。
    3ターン目、アルケミーと繋がるので打つタイミングがないのもあると思います。
    後半でもフラッシュバック等あるので、意外とマナは使い切ります。
    青黒フリッカーは3マナが過多で、2ターン目にやることがなかったり、4ターン目に1マナ余ることが多々あるので採用されています。他にドローソースがないのも理由です。
    たた、定業はパワーカードなのでもしかしたら各要素を削って4枚取った方がアルケミーとしては安定するのかもしれません。現状安定しているので効果があるのか検証してみる必要がありそうです。